新成人の栄養バランス

2001年1月15日 月曜日

オイッス!もういっちょオイッス!ミヤモトでっす!

とか冒頭で挨拶する日記形式はそろそろ止めましょうよ。

===========

 今更ながら、例の、成人式の事についてぼそぼそと一説ぶってみようと思う。
 あん時は「面白くかけなかったので止めときます」と言いながら、しかも時事ネタなのにこんなに立ってから言及するのには少し訳が(と言っても大した物では無いが)あって。

 あの、元気な新成人の様子がニュースで大々的に報じられて、世の良識人を微笑ましい気分にさせてから数日が過ぎた。
 その後、色んな人が色んな事を言った。日記サイトを見てみても、色んな人が色んな(的外れな)事を言っていた。今日は、TVで北野武がどうでもいい事を言っていた。
 まぁ、いつの時代も若者というのは前の世代より多少のだらしなさを伴って生まれるものだが、それだけでない「何か」があるのはみんな感じているようだ。
 しょうがないから、僕が本当の事を書く。

 偉い人たちが、嘆いたり批判したりするのはおかしい、という事だ。
 あれは、文部省が率先して行なってきた、新世代の教育の輝ける成果である。
 11年前に教育指導要領が大幅に変更され、小学校からの教育の現場に変化がおこり、その第一世代が今成人しようとしている、ただそれだけの事だ。

 彼らは個性的で、人からの強制は受けず、自由で、己の権利を行使しているのだ。

 ああ、素晴らしいなぁ「ゆとり教育」は。
 そして、小学校の「学級崩壊」に象徴されるように、個性尊重、ゆとりの教育は極限まで進行・浸透している。
 その現状を受けて、暫らく前に発表された「新学習指導要領」も、個性、ゆとりの方向をさらに徹底して推し進める、という内容だった。

21世紀、今後の成人式は今年どころではなく、ますます沢山の個性的な若者が自由な自己表現を展開してくれる事だろう。楽しみである。

===========

 こうやって堅めの事を書くと、またこのサイトの人離れが進むのであろうか…。
 まぁいいや。好きなことを好きな時に書き散らしてるほうが精神衛生上良さそうです。
 食事も音楽も文も、栄養バランスが大事ってことよ。
 肉と野菜。流行と古典。軟派と硬派。
===========
ハンバーグとにがうり。恋愛革命21と革命のエチュード。春樹と三島。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter