線路沿いに咲く花を

2001年2月23日 金曜日

からっぽになった煙草の箱をくしゃりと握りつぶして、僕は線路沿いを歩いた。
2月の木曜日の昼下がりだった。風は思ったより暖かく、その心地よさに僕は目を細めて、線路沿いを歩いた。
陽射しには、もう春の予感が感じられ、僕はコートの前を開けて、歩いた。
僕の左手には、まだ君とつないだ手の感触が残っていて、ゆっくりと握ったり、開いたりを繰り返す。
ふと路傍の砂利の中に、原色を見る。
黄色いそれは西洋タンポポで、僕はダンデライオンという曲を、少し調子っぱずれな口笛で思い出す。
口笛を吹きながら歩いていると、すれ違う人がちょっと変な顔をして僕を見たような気がするけど、平気だ。こんな晴れ渡る青空の下で、口笛も吹かずに歩いている方がおかしい。
すると、胸の携帯電話が震動して、電子メールの着信を僕に伝える。
液晶画面に浮かび上がった文字は、こうだ。

「恋をしちゃいました!」

(タンポポニューシングル発売記念文)

=============
近頃、方々でリンクページをちゃんとしようぜという動きが見られます。僕もリンクページを何とかしよう、と思って、何とかしようと奮闘していたのですが、何ともなりませんでした。
作り途中で放置
何が難しいって、人様のサイトをカテゴリ分けしたり、オススメマークを付けたりする作業が、もう。ほとんど全部にメガネマークを付けたいのですが、そうするとそれらしくならないんどすえ。

しかもこういうネタって、絶対既にどこかで誰かがやってそうです。
あと、コメントは書きなぐりでほとんど見直してないので気にしないでください。先に謝っておきます。
しかし、
トップ アバウト リンク
この統一性のなさはどうなんだろう。分裂気質のサイト。ワフーー!

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter