切断と建琢

2001年6月30日 土曜日

 人生は選択と決断の連続である。
 と誰かが言ったか知らないが、実際
選択肢はあらゆる局面において我々の眼前に横たわっていて、それはミルフィーユだかバウムクーヘンだかのように折り重なって層をなしている。
 デジタルワールドと違って、僕らの住むこの世界では「バックアップを取っておいて後から違う選択肢でやり直し」という訳にはいかない。
 だから、僕らはそれらを適宜選びとって歩いて行かなくてはならない。
 どんな選択肢を前にしても全く揺るがずに選べる決断力が欲しい。とまでは言わないけれど、自分が選んだ肢を信じて振り返らない強さは欲しいよね。

 って思ったんだけど、実際書いてみると、何だかグレイやミツルみたいで嫌だね。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter