やっぱりハッピー!

2001年7月31日 火曜日

→DQIII日記
テスト終ったし一日中ドラクエだーい。役立たずの"やぐち"(あそびにん)を解雇、かわりに"ごっちん"(とうぞく)を加えて再出発。ピラミッド探索に向けて"なっち"(そうりょ)も参加。船を手に入れ、やぐちは賢者になって復帰。←(ココまで挨拶)どうも宮本です。

 小泉の 仮面をかぶった 抵抗勢力

 利用できるものは最大限利用するのが選挙の鉄則。って事で、自民圧勝で反対派も選挙期間中は「構造改革!」とか叫んでいっぱい当選しました。
 だけど、「抵抗勢力」すなわち野中や橋本派などの守旧派勢力ってのは、いてくれた方が小泉総理にとってプラスなんだよね。
 「戦う姿勢」を前面に打ち出しているからこその小泉人気であって、分かり易い対立構造がある方が、民衆が感情移入しやすいんです。野中や橋本が苦虫を噛み潰したような顔になればなるほど、人気も安泰。(暫らくは。)

広告

===========
 今更だけど、田島陽子ってのは女性の地位向上やフェミニズムの障害、女性の敵だと思います。

===========
  ドクター中松、やっぱりダメだったのかなぁ。
 彼は、その発明家人生における最終的発明「景気回復」を発明していたそうです!この発明品を使えば、日本の長引く不況もたちまち上向き急上昇という超弩級発明ですが、当選しなければ使えないそうです。残念っ・・・!

 彼の最大の敗因は、それよりも先に「当選」という発明品を開発できなかった点にあります。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter