中華キャノン

2001年11月2日 金曜日

 最近の僕の生活といったら、たまには早く寝ようと思って1時ごろに寝てみたり、はたまた朝10時までネットゲームにどっぷりはまってみたり、とにかくそれはもう不規則極まりない生活をしておりまして、これはなんとかしなくてはいけない。何とかしなくてはいけないと思いつつも、何故なんとかしなくてはいけないのか、よく考えてみるに、漠としてその理由は知れません。かと言って、「誰にも迷惑かけてないんだからいいジャン」などという真剣10代的逆説もまた意味をなしえません。
 そうなってくると、人倫の道とでも言いましょうか、「人間は朝起きて昼働き、夜は寝るものだ」という道徳論?的な使い古し、二束三文叩き売りな結論になってしまうのでしょうか。

 等という事をつらつら考えながら、僕は朝の散歩をしていました。知人宅に一晩お世話になり、知人が朝出勤した後に手持ち無沙汰になって、僕は散歩に行ったのです。

 すると、そこには。

 僕が今まで見たこともなかった、もしくはとっくに記憶から抜け落ちていた光景が広がっていました。
 ジョギングする親子。サッカーをする少年たち。池にいるらしき鯉にパンくずを投げる老人。曇り空の下、彼らは実に生き生きとし、晴れ晴れとした顔をしていました。空は曇っていても心は快晴、なのです。
 あ、あれは・・・。あれは、犬だ。犬の散歩だ。あ、あそこにもいる。

 実際は、朝9時に犬の散歩をするというのは不思議でもなんでもない事です。そんな自然極まりない行動からこれほどまでに遠ざかっていた自分を、僕は深く恥じた。
 しかしその前に思い出したのは、マロンの事だった。朝もやの中、飼い主の後をとてとてと追いかける犬たちの姿は、とても嬉しそうだったのです。僕も人生の60%を犬と共に過ごした身ですから、犬の感情は表情である程度わかります。わんちゃんたちは、ごきげんだった。

 僕は、毎日家で僕の帰りを待っているマロンの為に、人間らしい生活をしようと思う。
 今は、マロンの為だけでもいい。朝起きて、マロンと公園に行き、昼は働いて、夕方もマロンと公園に行き、夜は寝ようと思う。

 最後に思い出したのは、愉快なMAHJONG仲間に対して抱えている多額の負債でした。昼は働こう。ロン。それだ。

==========
 ところで、今は漫画喫茶からあたふたと更新しているのですが、いつものように「のの」の変換であの例の顔文字を出そうとしたら出ないので愕然としました。
 それどころか、今「かお」の変換リストで(+_+)(-_-;)(>_<)(^o^)丿こんなものが列挙されていたので、困惑のあまりコーヒーをこぼしそうになりました。  とりあえず、登録しておきました。 ( ‘д‘)(●´ー`●) ( ´ⅴ`)( 0^~^0)( `.∀´)  ここで思考はさらに飛躍するのですが、僕はなぜ今こんな所にいるのだろう。なぜ横浜アリーナにいないのだろう。 ナンバー1410/29~30の日記を見ると、今回のは本当にすごい、すごいらしいのです。なのになぜ僕は…。まんが喫茶ゲラゲラ(屋号)・・・。

 働こう。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter