黄昏の秩序と暁の混沌と

2001年11月9日 金曜日

周辺から身を引くんだ、アルテイシア!

そんな…あの優しかった兄さんが、フォントをいじってるなんて!

======

こ、更新が速い!並のサイトの3倍のスピードだ!

ククク…テキストの面白さの差が、アクセス数の決定的
差で無いことを…教えてやる!!

======
というわけで、帰ってまいりました、スーパー日記大戦II。
今回の主な仕様
・アイコン総数225!(多すぎ)
・マシンガンアーム弱体化
・回復速度ダウン(サーバー負荷軽減の為)
・8~10時、23~1時はアクセス制限(同上)
・現在
参加している人が見られる機能追加
・国別の議事録追加

以上のようになっております。特に回復速度の変更によって、ゲーム速度の低下がもたらされました。よって今回はまぁ、他の事でもしながらノンビリ遊んで下さいというスタンスです。あとよくわからない海外サーバーの為、多少重くなっております。また、いつ消えるか判らないのでその辺の覚悟もよろしくお願いします。

広告

=============
 NYに復興支援の為の募金をしよう、という運動がいくつかある。
 それも大いに結構だが、ではアフガニスタンの被害はどうなるのか。NYでは6000人が死んだが、アフガニスタンでは一体何万人死んでいることか。NYに募金をする優しい人達は、極寒の地で親を無くして凍える子供たちの事をどう考えるのだろうか。

 復興支援といえば、外交筋が今日発表したところによると、日米主導で「アフガニスタン復興支援国会議」というのを20日頃にNYで開催するとの事。どうやら、「よーし、アフガン復興もがんばっちゃうもんね!」というのをアピールして、中東の理解を得る狙いらしい。ラマダン(断食)中も米国は攻撃を続行するものだから、反感を緩和するのも大変だ。というかそれくらいで緩和できるような反感なら最初から苦労もないのだが。

 大体、爆弾と一緒に食糧を投下するという、あまりにわかりやすい「アメとムチ」作戦もどうか。どこの人間が、敵国が夜闇に紛れて投げ落とした食糧を犬のように尻尾を振って拾い食いするというのか。おそらく普通は「毒でも入っているのでは」と疑うことだろう。
 食糧バラまき作戦が有効なのは、占領してからである。そう、60年前の日本のように。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter