こんなもんでどうかな。

2001年11月29日 木曜日

斬鉄剣擁護論

 現在、テキスト界隈で第2次斬鉄剣包囲網が展開されています。かつてのランク制リンク事件の再来か。
 しかし、あぁしかし僕は、あえて斬鉄剣を擁護したい!
 くんも身動き取れない今、僕が助けないで誰がナミを助けるんだ!(嵐の中、制止の声を振り切って走り出す宮本)

 斬鉄剣G∽FORCEをリンクして(晒して)、そこに親衛隊を送りこんで潰そうと画策した、という見方があります。
 が、僕はこれには異論を唱えたい。
「私怨うざいよ!ナミさんはそんなひどい人じゃないよ!」

 もちろん、G∽FORCEを「くみしやすい相手」と見てとった、という程度の打算ならあるでしょう。批判を無視し続けるのも沽券に関わりますが、分の悪い相手に斬りかかるのは、メンツ(現在の地位)を失う結果に終わりかねないからです。(つまり現状では、斬鉄剣が無題に反応を返す可能性は極めて低い。)

 しかし、ナミさんの計算はその程度の自己防衛だけです。親衛隊を送りこんで相手を潰すような、そんなビンラディンのテロ工作のような事をする人ではないと思います。
 以前たまたまチャットで話してわかったことですが、ナミさんはそんな策士ではない。実際の彼は、実直で朴訥、「まじめな人」という印象を受けました。おそらくは、ランク制リンクも経験値論も乳歯永久歯論も、なんと全て本気で、素で言っていたのです!
 確かにネット上では「実際の人柄」を推し量るのは難しいかもしれない。しかしテキストや掲示板と違ってリアルタイムでやりとりをしなければならないチャットでは、隠しようのない部分は多い。実際の彼は頭の回転もそれほど早くなく、生真面目だが気の効かない人だったのです。

 しかしナミさんは自他ともに認める「天然」である為、自分の行動が周囲にどのような影響を及ぼすかをあまり考えずに性急に動いてしまう傾向があるようです。今回の事件も、腹黒い策略というよりは、自分を批判するところへあえてリンクをすることによって「度量の広さ」を内外に見せ付けたい、という虚栄心の表れであると僕は考えます。(先日、何ヵ月も前からあるパロディサイトに今さらリンクを貼ったのも、全く同じ動機です。)

 ただ、流石にその自らの「天然行動」の結果、アンチや信者によって勝手に構築される「斬鉄剣のナミという虚像」に関しては、その「おいしさ」を充分に理解し、有効利用していこうと考えていそうではあります。

 とにかく、ある意味とても素直な人なんです。
 だから、皆さんにお願いです。ナミさんは、ちょっと考えが足りなくて、気が効かなくて、自尊心だけは人一倍で、生真面目で面白味がなくて、そのくせ意地っ張りで見栄っ張りなだけなんです。きっと。
 もしかして、ひょっとすると、あるいは、根はいい人なのかもしれません。だから寄ってたかっていじめないでください。ナミさんが可哀想です。

(子供は、褒め過ぎても叱り過ぎても、まっとうな人格には育たない。)

===========
どんどん増えるガンダムキャラリンク

ハサウェイ・ノア
ガルマ・ザビ
ガルマ・ザビ
ランバ・ラル
ギュネイ・ガス
ブライト・ノア
ベルナルド・モンシア
シーマ・ガラハウ
シーマ・ガラハウ
アナベル・ガトー
シロー・アマダ
コウ・ウラキ
ゴットン・ゴー
ゴットン・ゴー
ゴットン・ゴー
ゴットン・ゴー

ちょっと待て! 何人いるんだ ゴットン・ゴー!(←五七五)

そして、私ことミヤモト=バジーナは、かつてシャア=アズナブルと呼ばれた男であるッ・・・!

ガンダムのキャラ判定

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter