祝30万

2002年2月26日 火曜日

 俺は俺のことが知りたい。俺は俺の生きてる世界のことが知りたい。
 こんばんは。宮本です。

 ああ、もうこうやって日記の冒頭で挨拶するの、そろそろやめにしませんか。宮本です。
 もともと、この手法って3年前くらいの日記系でひとしきり流行ってからすたれた手法なんですよ。こんばんは。
 復活した斬鉄剣が、既に死語化しているその手法に気付かずに使って、それがまたヘンな風に広まったのかな~とか推測してたんですけど、まぁ、どうでもいいことです。ミヤモトです。ニンジャマスターです。

 今日の日記は、トピックとか論理展開とかオチとか考えてません。伝えたいことすら今日はないです。本当は、頭の引出しを開ければどっかにあるんだろうけど、引出すのが面倒なのでしまっておきます。
 そうだ、いちいちオチとか気にするのもやめようよ、そろそろ。最近は全体的にオチをつけるのが上手いサイトが増えてきたけど、別にオチがなくても、いや笑いどころが無くても面白い文章はやっぱり面白いんですよ。と言う事はつまり、逆にいうとつまらない文章はオチがしっかりしてようが論理展開が完璧だろうが想いがあふれてようが、やっぱりつまらない。
 その良い例が、今日のこの文章です!
 ああ、オチを付けようとしてしまった。それも自虐。しかも全くオチてない。

広告

==========
 接客する側になってみて実感したことですが、世の中には人を使い慣れている人と使い慣れていない人とが存在しますよね。
 それぞれ2パターンずつのタイプがあります。前者には、実に自然に命令してくる人と、にっこりと丁寧にお願いしてくる人。後者は、ひたすらオドオドしている人か、やたらと威張りちらしてくる人かのどちらか。
 計4パターンですが、この中で最も不愉快なのは最後にあげたもの。そういう時、僕は冷笑を浮かべながら最大級に慇懃な口調で対応してあげます。僕も大人ですからキレたりはしません。だが頭はさげてやらん。(このあたりが子供)

==========
カクテル紹介のコーナー。
今日紹介するのは「オリンピック」です。
おりしも、いよいよ盛り上がってまいりました冬季五輪イェー!時節柄まさにピッタリのカクテルですね!
パリで開催された1900年のオリンピックを記念して、パリの有名な高級ホテル「ホテル・リッツ」で作られたと言われるカクテルです。
ブランデー、オレンジキュラソー、オレンジジュースを1:1:1の割合でシェイク。
甘さ、香り、アルコール度数のバランスが丁度良くて、万人受けするカクテルだと思います。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter