チャンネラーウィルス

2002年6月2日 日曜日

 今日は暇過ぎて疲れた。忙しかった時の心地良い疲れ方(あとでビールがうまい)とは逆に、こういう疲れ方は精神からじんわり来る感じでたまらない。それとも、最後に一人で来た常連客と1時間も1:1で話したから疲れたのかも知れない。その彼は悪い人じゃないんですがステレオタイプなオタ口調で、ずっと話しているとなんだか外国語で話す時のような疲労感がある。口調だけならまだしも、現実界で「萎えー」とか「萌えー」とか「マターリ」とか普通にビシバシ使う勇気はなかなかのものだと思う。相手に通じているかどうかも判らないのに。(僕は、まぁ意味は解りますけど)
 先輩が奥に引っ込んでしまったので、僕が話し相手を務める羽目に。…と言っても彼はずっとあの調子で喋り続けているので、基本的に僕は「ふーん( ´_ゝ`)」とか「ははは」とか相槌を打ってるだけで良いんですが。しかし酒飲んで「(゚д゚)ウマー!」と言われた時は思わず笑いそうになりました。 勇気というか、空気が読めてないだけなのかも。
 BARという空間は、色んな人が訪れるのでたのしいです。
 タノ(・∀・)シイ!

========
・K-1観戦記

 サッカーW杯の裏でK-1がやってました。放送が昼の3時なんていう中途半端な時間帯で、ダイジェスト版が夜の3時なんていうしょうもない時間帯だったのは、W杯のあおりを受けて、というだけのことではなくて、K-1ジャパンだったからです。
まぁ確かにホーストやフィリオなどのスター選手は出てこないし、ジャパン勢はどいつもこいつもパッとしないのでしょうがないんですが。相変わらず中ザコは笑っちゃうくらい弱いし、ムサシは口がとんがってるし、日本最強はニコラス・ペタス(外国人)だし。まぁしょうがない。

 それにしてもペタスは、どうして毎回あんな痛そうな負け方をするのだろうか。前回ヒザを顔面にまともにもらっての、鼻がぐんにゃり曲がるほどの鼻骨折もひどかったけど、今回もひどかった。ローキックを中心に、好調に試合を進めていたはずのペタスが突然倒れた時はどうしたのかと思ったけど、スローで見るとスネが…。関節が無いはずの所でぐんにゃり曲がってました。さすが佐山の掣圏道。なんというえげつない防御方法を教えるのか。

=======
掣圏道…初代タイガーマスクの佐山聡が起こした道場。http://www.seiken-do.com/
彼…いつもリュックです。この日記読まれたら悪いなあ。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter