俺の名前を言ってみろ

2002年6月4日 火曜日

 今日はW杯、日本の初戦(vsベルギー)がありました。結果は2-2で引き分け。韓国はポーランドを2-0でくだしてしまいました。
 僕はと言えば、鉢を一つ植え替え、本を一冊読み終わり、ビール(350ml)を6缶飲みました。おなかいっぱい。

=========
 会場の再現映像が問題に 反則、オフサイドも放映
 柔道の時も審判に関しては色々問題になったけど、プレイをするのが人間なら、それを見ているのも人間なのである程度仕方ないかな、とは思う。確かにスクリーンに映し出されちゃうと、リバウドの演技のようにバレて、審判の審判が観客に審判されてしまうことになる。
 しかしブラジルのメディアですらトルコ戦のミスジャッジを認めているくらいだし、きわどい判定は競馬みたいに写真判定にしてもいいのでは。流れを止めちゃうけど。
 稲本は2ゴール、3-2で日本勝利だったはず。あの幻の3点目は、ニュースでも流れないので寂しい限り。

 やっぱり日本サポーターもね、「あ、ここでこんな判定したら暴動が起きるな」と思わせるくらいに、乱入とか発煙とか頑張っていかなあかんなと思うのですよ!

=========
 俺の名前を言ってみろ!
 それにしても後半に出てきた宮本ったら。失点が彼のせい、とまでは言わないけどまぁいい所は無かったですね。名前が同じだけに応援したいんだけどなぁ。見せ場と言えば、実戦用の黒いフェイスギアだけでした。ジャギ

宮本「おいおまえ!おれの名をいってみろ!! おまえ おれの鼻の傷をみてもだれだかわからねえのか? そうか おまえ死にたいのか・・・
きさまのその耳が森岡に似ている・・・ こ・・・この目・・・森岡に・・・ よくできたDF~~~~~!! おれよりすぐれたDFなぞ存在しねえ!!」

=========
 中村俊輔vsトルシエ
 中村俊輔が代表メンバーに選出されなかったのは、彼の家庭が創価学会員だからとか。フランスでは悪評高きカルト教団なので、トルシエは最初から俊輔だけは絶対に起用する気は無かったらしい。これが事実だとするならば、色々と納得が行く。たまに使ってみたり、「中村の技術は3本の指に入る」とか言ってみたりしたのは仏流のエスプリ、トルシエ一流のジョークだったんですね。笑い所が難しいなぁ。あとは情報収集の為に2chスレも訪れたんだけど、俊輔の仇名が"茸"で笑った。ひでー。

=========
 ムヒョヒョヒョ…。チョロいものよのぅ。
 なんだこの表情は。これだからイタリア人てやつは。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter