ピリオドの向こうへ

2002年6月17日 月曜日

 今日は辻希美さんの誕生日です。どんな日記を書こうか。
 そんな事を考えながら街を歩き、1ベッカム、2ベッカム、3ジダン…と数えながら、酒を飲んできました。すると1日が終わってしまいましたとさ。

 日土戦のチケット200枚は、8分で完売したそうです。当たり前だ。 ラルクの56,000枚が4分で完売するご時世に、200枚。

広告

=======
 DF宮本、イタリアで道場破り
 黒マスクの貴公子(ジャギ)こと宮本。彼にはこんな過去が。

 選手のバックグラウンドを知れば知るほど、応援にも熱が入る。
 熱狂のレベルは、対象への気持ちの入り具合に他ならない。つまりバックグラウンドの集積に左右されるという事だ。例えばハロモニを見ているといないとで、コンサートの楽しさにも差が出てくるのは当然の帰結である。
 エピソードが存在すれば、物語が生まれる。

 多くの人がにわかサッカーファンとして熱狂するのも、日本というバックグラウンドがあったればこそなのだろう。

 しかしそこでさらにプラスα。試合開始までもう間も無くですけど、ここでもう少し日本代表メンバーの背景でも学習しておきましょうか。
 日本代表選手紹介


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter