青は二度負ける

2002年6月18日 火曜日

 色々と書きたい事があるような気がするのですが、どうもまとまらないので、まずはサッカーW杯日土戦の感想で。

 突然のスタメン変更とか、選手交替のタイミングとか、おそらく戦術的には色々あるのでしょうけど、よく頑張ったと思います。日本は頑張ったし、土耳古は強かった。何度も惜しいシーンがあり、何度も危ないシーンがあった。そして結果は0-1だった。

 いいじゃないですか。確かに悔しい結果ですけど(試合後、解説の岡ちゃんは5回くらい全く同じ恨み言を言っていた)、互いに全力を尽くして、正々堂々のフェアプレイの結果ですから清々しいもんです。
 それは試合終了後の選手の涙と笑顔、交換されるユニフォーム、に象徴されていると思います。
 (お金で買えない価値もある。買えるものは、マスターカードで!)
 トルコの「日本のためにも、優勝したい」というコメントも泣ける。これがスポーツマンシップという奴か。俺ゃこれからトルコ推しだ。

 問題は、ユニフォームを交換してもらえない国があるという事。

 これから試合は2日間のインターバルを迎える。その間に何がどう動いていくか。行方はこれからの試合以上に目が離せない。
 (お金で買える勝ちもある。買えるものはレッドカードで。)

========
W杯・今日の言葉

もしこれが勝利なら、私はずっと敗北者でありたい
もしこれがサッカーなら 私はこのスポーツを嫌いになるだろう
もし彼らが韓国人なら 二度と会わないことを神に望む。
 ――トッティ

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter