冷めた目で笑いかけてる魂を侵された奴

2002年6月20日 木曜日

 何か面倒な問題や仕事、悩み等にぶつかった時には、手当たり次第に取りかかるのではなく、頭から突っ込んでいくのでもなく、僕はそれを紙にリストアップしてから、一つずつ切り離していく。ちょうど、因数分解をするように、絡まりあった諸要素を重要性や緊急性や困難性に応じて分類し、しかる後にそれら一つ一つの持つ意味を考える。

=========
 さて今回のW杯騒動も、
・サッカーの試合
・嫌韓感情
・韓国チーム
・韓国サポーター
・イタリアチーム
・日本との比較
・キムチ
・FIFAの運営
・共催の是非

 といった観点があると思うが、これらの諸要素は区別されねばならない。全てをごった煮にして、イタリア負けた!韓国むかつく!キムチ臭い!といきり立ってもしょうがないし、それは感情的な全体主義や民族主義的対立に繋がる危険性がある。(実際に、2chで「冷蔵庫のキムチを捨ててきました!もう韓国製品は買いません!」と言っている人がいた。)

 これらを混同してはならない。問題は、あくまでクリアに。

 しかしながら、悲しいことにスポーツの祭典は昔から政治の道具にされてきた。古くはヒトラーのベルリンオリンピックから、記憶に新しい所ではソルトレイクのUSAなど。今回のW杯などは、実にソウル五輪のインチキ判定を思い起こさせる。

========
 だがまずは、日本と韓国がグルになって不正を行なっていると思っていたり、日本と韓国が同じようなものだと思っていたり、はてはコリアがジャパンの中の一地方だと思っていたりするような外国人達の誤解を解かなくてはならないだろう。

広告

 その為にも、NHK(日本反日協会)やTV朝日(テレビ朝鮮日報)を始めとするメディアの韓国マンセー!トーンは少し抑えてもらいたいのだが…。(無理か。)
 せっかく、「日本は外国チームをキャンプ地で温かく歓迎し、同グループの国でも分け隔てなく応援している」と好感を持たれているのに、このまま行くと韓国と同じ穴の民族と思われてしまう。
 しかしまずは、この頭痛の原因は昨夜のウォッカかテキーラか、スコッチか泡盛かを明らかにするのが先決である。

=========
W杯 今日の声
「彼がペルージャに足を踏み入れることは二度とない。彼の行動はイタリアのプライドを傷つけるものであり、2年前に彼を受け入れた国に対する犯罪行為だ。イタリアのサッカーを壊すような者に給料を支払うつもりはないし、安の顔は二度と見たくない」
ルチアーノ・ガウチ (ペルージャ会長)


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter