オブラディ・オブラダ

2002年8月21日 水曜日

 久方ぶりに仕事以外で太陽の出ている時間に家を出た僕は、まぶしい夏の日差しに半ば目をつぶるようにして、よろめきつつ電車に乗った。
――次は…御徒町(おかちまち)~
 車内アナウンスが次の停車駅を告げる。
 ふと、「オカピ町」というのを想像した。電車を降りると、そこはオカピの楽園。「ベェェェ、ベェェェ」と鳴く(想像)オカピ。ぽろぽろとフンをするオカピ。ピスピスと鼻息をたてるオカピ。考えるだけで楽しそうである。

=============
オカピとは、アフリカに棲む偶蹄目のどうぶつ。キリンの頭にウマの体、シマウマのおしりを持つちんちくりんな生き物。その名前のへなちょこっぷりとあいまって実に魅力的。希少種であり、好物はバナナ! かわいい。(´∀`)(写真

=============
 ところで、ホストと宝石屋とヤクザ(かけだし)は目視による固体識別が困難。
 これは種族こそ違うものの、その生息環境に共通するものがある為と思われる。(世界観とか)
 特徴は、奇抜なスーツと金色の装飾具。(高所得目DQN科)

=============
 これは心配だ。僕も着いてってあげないといかんかなぁ…。(fエスロピ
 場所? それは妹達を邪魔したくないから言えないな。ファンなら、萌え萌え日記でも書いてやってくれよ。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter