無限のバイアス

2002年9月19日 木曜日

 そうだ!九月十九日も、九十九式の日です!…うっかりしてて気付かなかった。(情報元:99式スレ
 昨日の日誌で取り上げたニュースの見出しですが、
 ・首相は断罪せず宣言署名、国民の不信感高まる
 とあります。
 これはなんだかおかしい。発表されたのが9月18日(水)3時13分だから、発表から10時間程度しか経っていない。そんな短時間で世論が調査できるとは思えない。遺族の方々が不満を募らせているのはTVを見ていればわかるが、国民の間に醸成された不信感はもっと後にならないと解らない。このニュースの見出しには記者の恣意的な判断が含まれている。

「拉致問題は進展した」と、調印した小泉首相は言っています。しかし本当に進んだといえるのでしょうか。確かに10年前よりは進んだ。昔は、拉致問題はまさにタブーで、「行方不明者は北朝鮮に連れて行かれた」なんて言おうものなら、赤い人が真っ赤になって「差別だ!」と怒るような状況だったと思います。しかし、これだけゴロゴロ射殺されていて、「死にました」「あぁ、そう。」で帰って来たというのも笑えない話です。拉致問題が進展した→だから正常化交渉を始める、というシナリオに持っていきたい、小泉首相の願望が色濃く投影された発言です。

「拉致の8人死亡、金総書記が謝罪」と伝えられていますけど、金公は不審船も拉致もあくまで「特殊帰還が勝手にやったこと」と下手な国会議員の言い逃れのような事を言って、「監督不行き届き」に対して謝っただけです。この辺は間違いの無いようにしたい。日本も、特務機関(ネルフ)の設置を急がねばならない!

 このように、キムの発言にはキムフィルターがかかっているし、日本の新聞報道にもある程度のフィルターがかかっている。僕らは情報に触れる時に、それがどんなフィルターを通ったものなのかを注意深く見極めないといけない。赤いフィルターのかかった映像を、青いメガネで見たら紫色に見えてしまうのだから。

 勿論、一番大事な事は、この99式の日誌も相当度のキツい(そして粗悪な)フィルターを通して加工されたものである、という事です。要注意!

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter