かっぱくん、そこまでだッ!

2002年11月25日 月曜日

 試写会も含めて、実に3回目となるスターウォーズEP2を見てきた。公開が始まったら、じっくり感想文でも書いてみようと思っていたけど、今更書けなくなった。どうでもよくなった、とかそういうのではなく、人間本当に好きなものについて書こうとすると筆が重くなるもんだ。DVDが発売される前に、もう1回大画面で見ておきたかったのだ。とか言うと「あれは3回も見るような作品じゃない」とか言われそうだけど、宗教上の理由で、まぁ…。

 それにしてもマスター・ウィンドゥが格好良い。サキエルだかサミュエルだかサミュエルエルだか、とにかくあの俳優は、他の映画に出ている時はただの坊主頭の黒人にしか見えないんだけど、SWに出てくる彼はそりゃもうどうしようもなく颯爽としている。
 アナキン達が公開処刑されている所に乗りこんできて、(足元からカットイン)音も無く背後から忍び寄り、ブーーーン…ッ(ジャンゴの首筋にライトセイバーを突きつける音)
そこまでだ
 と言い放つサミュエル・L・ジャクソン。なんておいしい役どころだ。その後「勇敢だな、だが多勢に無勢だぞ」というドゥークー伯爵に向かって「それはどうかな?(ニヤリ)」と来たもんだ。
「そこまでだ!」「それはどうかな?」と、世界五大「死ぬまでに一度は言ってみたい言葉」のうちの二つをこんな短時間に連続で放出するとは、確かに常人離れしたフォースだ。

=============

「スター・ウォーズ」のセット、大学図書館にそっくり!
写真。(そっくりだー)

=============
「あの作品に出ている時だけは格好良かった」シリーズ
・池袋ウェストゲートパークの窪塚
・未成年の反町(胸のジッポーライターで銃弾から助かる)
・第1話「豆腐と水」の山岡
・のび太の海底鬼岩城の海底バギー

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter