メッセンジャー

2003年3月31日 月曜日

 もう夜だというのに、ずっと窓を開け放している。部屋が臭くて臭くて仕方ないのだ。別にぼくの体から有毒ガスが放出されたとか放屁されたとかそういうわけではない。汚物が腐っているわけでもない。ぼくの部屋は、現在サイトの再構築作業と同期して片付け作業が鋭意進展中だ。
 悪臭の発生源は、部屋の中央にあるロウソクである。この紫色のロウソクは、一頃はやった「アロマキャンドル」というヤツで、火をつければお部屋に芳香が漂い、アロマテラピー効果が得られる、はずなのだ。
 しかしこのキャンドルは、主張が強すぎる。トイレの芳香剤のような匂いだ。しかも半端じゃない濃度で放出されるので、普通に空気を吸っているだけでイライラしてくる。「ラベンダー:リラックス効果」と書いてあるのに。
 だったら捨てればいいのでは、と言われそうだけど、ロウソクって燃えるゴミなのか燃えないゴミなのかいまいち確信が持てない。

 日比谷公園で戦争賛成デモというレアイベントがやっているというので見物することになった。しかし集合時間に間に合わなかったようで、付いて見ると犬が歩いてたりカップルが座ってたりする、普通の平和な公園だった。シュプレヒコールというものをナマで聞いて見たかったのに。
 しょうがないのでぼんやりしつつ、「主張しないデモ」というのを考えて見た。
「我々はー、断固として反対する!」「はんたーい!」
「もはやアレを、このまま見過ごすわけにはいかないのです!」
 主張しない。思想も理想も何もなく、演説してるだけ。対象がなんなのかも不明。
 あさ草君もノって来たので、警察が来ない程度に我々は運動を展開した。
「ここに、厳然たる事実、驚くべき真実がないということを、ここで、皆様に、解っておいてほしいという事はないのです!」
「今こそ団結するのです!帰れー!」「かえれー!」
(オマエらが帰れ。)

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter