酩酊日記 Vol.?

2003年5月13日 火曜日

 ここに酩酊日記を書くのも久しぶりです。
 今日は、以前働いていたBARで飲んで帰ってきました。
 辞めてから言うのもなんですが、ぼくの働いていたバーは本当に素敵なBARで、例え一杯で現在の時給の1.5倍が飛んでもちっとも惜しくないくらいなのです。ちょっと良いことがあった時、落ちこむ事もあるけれど、わたし元気です! な時。そんな時に寄り道したくなるような隠れ家なんです。

 それにしても、イキな酒呑みになるのは難しい。とにかく野暮なヤツにはなりたくない。通常は「3杯で帰る」という鉄則を貫きつつ、ちょっと気を付ければ大丈夫なんですが、自分が働いていた店となると難しい。
 それでも、かつての後輩に「スティンガーって何ですか?」と聞かれれば「ブランデーとホワイトミントのカクテルだよ」と教えてあげるし、困っていたらこっそりフォローはしてあげたい。でも、それは本当はお互いにやってはいけないことなわけで。

 つまり、暴走族や大学サークルにタマに顔を出して先輩風を吹かす、ウザいOBのような存在にはなりたくないって事です。「今の仕事がうまく行ってないからって、過去の栄光にすがって気分良くなりに来たのか」という目で見られるのだけは避けたい。ぼくが後輩にひそひそ何か言うたびに、先輩社員の目が光ります。

広告

 辞めた店との付き合い方。それは、別れた女のコと友達として付き合っていくような、ある種の緊張感を伴った関係を強要するものなのかもしれません。離婚した親と会うような。
 それなら行かなけりゃいいのでは、とお思いの方もいらっしゃるでしょうけど、現在の職場から家に帰る途中で、ちょっと飲んで帰れるBARが他にないのです。結構探したんですけど。
 わざわざ経路を変えて行くのも違う気がするし、帰ってから車で呑みに出かけるのも違う気がする(法律違反です)。
 というわけで、総武線、中央線あたりのBAR情報を募集しております。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter