2002年アンケート結果発表

2003年8月30日 土曜日

 高度情報化社会の到来がうたわれて久しい。社会のネットワーク化はますます進み、ユビキタス未来社会の幕開けも近い。
 ここで忘れてはならないのは、情報それ自体には価値も意味も無い、という単純な事実だ。さもなくば、我々は氾濫する情報の海の中で己を見失い、押し流されてしまうことだろう。
 情報は発信された瞬間から過去になり始めるが、終わりなき過去の連鎖が、歴史をかたちづくる。

 はい。っと言うわけでですね、いよいよアンケートの集計結果を発表します。九十九式は過去から逃げない!

広告

2002年 読者アンケート
(回答期間:2001年12月29日~2002年1月6日
 有効回答数:107通)

A-1 あなたの性別は?
選択項目人数 構成比
男     71  66.4%
女     36  33.6%
合計    107  100.0%
項目1
まぁこんなものでしょうか。2001年度上半期版もこの程度でした。おそらくこの比率はよほどのこと(管理人が交代する、ロボトミー手術を受けて人格が変わる、死ぬ、等)が無い限り変わらないのかも。

A-2 あなたの年齢は?
項目2
選択項目人数構成比
14以下   2    1.9%
15~19   32   29.9%
20~24   45   42.1%
25~29   23   21.5%
30~34   4    3.7%
35以上   1    0.9%
合計   107   100.0%

この項目が前回と変わった点は二つあります。25歳の層と10代の層が増えたことです。前者は、宮本と同年代の読者が、99式とともに確実に年齢を重ねていること、後者は、テキストサイト界に新しい人口が流入していることの証左ではないでしょうか。

A-3 サイトを持ってますか?

項目3
選択項目人数 構成比
はい   82  76.6%
いいえ  25  23.4%
合計   107  100.0%

これは前回調査より、サイト無し人口が増えています。前項であげた、新世代の増加と無縁ではないでしょうが、当時の九十九式は、G-Force騒動で一時的なアクセス増加傾向にあったことも一因かもしれません。

A-4 九十九式を読む頻度は?
項目4
選択項目 人数 構成比
毎日    88  82.2%
3日に一回 14  13.1%
週に一回  1   0.9%
時々    2   1.9%
初めて   0   0.0%
沖縄県   2   1.9%
合計    107  100.0%

この項目にはそれほど大きな意味はありません。毎日更新しているサイトは、毎日読まれる。それだけのことですね。おそらく当時、毎日更新しつつも、ちゃんと読まれているかどうか不安だったのではないでしょうか。今同じ調査をするとどういう結果になるかも想像に難くありません。読まれる頻度は、更新する頻度に比例対応します。沖縄県、というのはデータ作成時のミスです。

A-5 いつから九十九式を見てますか?
項目5
選択項目 人数 構成比
1ヶ月前  26  24.3%
3ヶ月前  38  35.5%
半年前  28  26.2%
1年以上  15  14.0%
合計    107  100.0%

個人的に当時最も興味深い項目でした。1年以上読んでいるのは14%にしか満たない。当時はG-Force騒動や801ブームなどの影響によって、わずかの間にアクセス数が3倍になった時期でした。今までの更新を思い返し、注いだ努力の量と得られる成果の量は比例しないのだな、と実感して無力感にとらわれたものです。予想通りでしたが。

A-6 九十九式で好きなネタは?
項目6
選択項目  人数  構成比
日常の風景  24   22.4%
時事、政治  22   20.6%
ネット言及  34   31.8%
芸能、モー娘。11   10.3%
創作小説妄想 7    6.5%
ネタ      4    3.7%
その他、企画 5    4.7%
合計    107    100.0%

当時は、なんとなく「九十九式と言えば他サイト言及」というような一面的な見られ方に抵抗がありましたが、時代背景を考えると実際その部分が求められていたはずですし、何より書いてて楽しかった。
“日常”の割合が高いのは嬉しいことです。『日記サイト』として。

A-7 特に印象に残っている日誌がありましたら
項目7
選択項目    人数   構成比
松本代打日記   7    6.5%
斬鉄擁護論    9    8.4%
2001年クリスマス 11    10.3%
その他       47    43.9%
幾つかある     0     0.0%
特にない      2     1.9%
無回答       31     29.0%
合計        107     100.0%

この項目は、設問自体も悪ければ、集計方法も間違えました。2001年クリスマスと残鉄擁護論が上位に来ているのは、この調査前の1ヶ月以内に書かれた中で、最もインパクトの強いテキストのうちの二つだったからです。松本代打日記が上位に来ているのは、新しく流入した読者層が、『テキスト』の項目を読み、一番上に配置されていたテキストを読んだからです。
よって、この質問は「印象に残るものがあったかどうか」という観点でなされるべき質問です。その場合、グラフはこうなります。
項目7’

九十九式は、一つ一つのテキストの印象は弱い方だと思われます。九十九式の文章を読んで、腹を抱えて笑い転げたり、涙を流したり、思わず保存して、アーカイブサイトを作ってしまったりするような話は想像しづらい。だからこその毎日更新であったわけですが。(重い一撃よりも、軽い多重攻撃。バーバリアンよりアサシン、今井より板垣。)
それでも、実に7割の人が、何らかの形で印象に残ったものがあった、と回答してくれたというのは、日記者冥利に尽きるものがあります。ところで板垣×今井戦は一体いつまで引っ張るのでしょうか。


A-8 好きなサイトはどこですか?


項目8

選択項目  人数  構成比
桃核  9  8.4%
桃加護  3  2.8%
スヰス  3  2.8%
マフラー  3  2.8%
WITR  1  0.9%
犬嫁  1  0.9%
ドリフトウッド  3  2.8%
ショトバイショト  3  2.8%
ナフ  2  1.9%
ハンサム団  2  1.9%
ウキウキ抜き  4  3.7%
活きヒゲ  2  1.9%
FreeStyleWeb  1  0.9%
その他  15  14.0%
プチ日記  1  0.9%
ガートマ  1  0.9%
抹風  3  2.8%
松田スタイル  1  0.9%
銀閣寺  0  0.0%
Weirdo  0  0.0%
カロン  0  0.0%
ケムマキ  2  1.9%
はつ恋 3  2.8%
POPOI  2  1.9%
笑いたきゃ笑え  0  0.0%
波乗り吾郎  0  0.0%
オロロン博物館  1  0.9%
n.W.o  1  0.9%
ろじっくぱらだいす  5  4.7%
荒廃の歌  1  0.9%
無題  7  6.5%
斬鉄剣0  0.0%
絵日記でも  2  1.9%
俺とパンダ  1  0.9%
サニガ  1  0.9%
ウソツキシティ  1  0.9%
execute & h0000  1  0.9%
背徳のセレナーデ  1  0.9%
ホソキン  1  0.9%
ヒッポウドウ  1  0.9%
ホームレス  1  0.9%
マイガール  1  0.9%
シニスナ  1  0.9%
ロックンロールキャベツ  1  0.9%
素  1  0.9%
マフィア  1  0.9%
侍魂  1  0.9%
ザッハリッヒ  1  0.9%
無回答  10  9.3%
合計  107  100.0%

 おなじみのグダグダ項目です。
 大雑把に傾向をまとめますと、桃核、ろじぱら、無題の読者が多く、スヰス、マフラー、ドリフトウッド、ショトバイショト、ナフ、ウキウキ抜き、抹風、はつ恋等の人気が高かったようです。

・まとめ

 なんか、回顧的な流れになっちゃいましたね。「あの頃は……」的な文章はウザいのでなるべく避けたいのですが、胸に染みるのは嫌ネ。こりゃ何? まぁ、軽い放置だけど割と長くなった(1年8ヶ月)のが原因なのは明白なのですが。

 ご回答くださった皆様にお礼を申し上げるとともに、結果の発表が遅れましたことをお詫びいたします。今後はこのようなことのないよう十分注意してアンケートを実施します。え、まだやるの?


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter