宇宙戦争

2003年10月16日 木曜日

 出社前に、東京駅のCD屋で『CRAZY ABOUT YOU』ゲット。これ凄い。すっごいね! むはー。ドキドキしながら仕事中に聴いていたら、さすがに「それはマズイよ」と久慈くんに諌められた。ごめんなさい。

谷川P、アビディ&ボンヤスキーへの不満爆発!
「アビディは本当にずるいヤツですよ。ルールに則って闘って試合には勝ったから、GP出場権を主張したり、ファイトマネーを計算したり。ボンヤスキーは悪徳銀行員ですよ!」

 何なんだこの男は。僕は石井・田代時代から、この男のことを一茂と同じくらい不要な人物だと思っていたんだけど、ここまで愚鈍だと不要どころか有害だ。積極的に排除されるべき対象である。
 こんな発言を公の場でしてしまうところが何とも救いようがない。「1Rで沈めてやるぜ」とか「お前は臆病者だ」とか、挑発的な発言が許されるのは、選手だけだ。それを安全地帯にいる、裏方のオッサンが何を勘違いしているのか。この発言が耳に入ったら、アビディやボヤッキーはK-1にもう出てくれなくなるかもしれない。その程度のリスクや後先も考えられない、この幼児性丸出しの無能な男が『プロデューサー』などという位置にいることに危うさを感じる。冴えないマッチメイクばかりしやがるし、早く石井元館長が戻ってこないと、イベントとしてのK-1は早晩潰れる。

参考リンク
ピンクダークの少年
模倣判


遠くない将来、宇宙が戦場となる可能性=米軍幹部 (ロイター)
[ニューオーリンズ 15日 ロイター] 米軍幹部が、そう遠くない将来、宇宙が戦場となる可能性がある、との考えを示した。この数時間前、中国が旧ソ連と米国に次いで、世界で3番目の有人宇宙飛行成功国となっている。

 おぉー、ガンダム世界だ。シナの宇宙飛行成功からここまで論理を飛躍させてしまう辺が素敵だ。次は種子島宇宙センターのあたりから「MS開発の可能性」とか発表されると嬉しい。

広告

 ガンダムと言えばGNO(ガンダム・ネットワーク・オペレーション)。
 現在は新クールで、僕は再度一年戦争を戦っています。前回はもう終盤ぐだぐだでほとんど放置になってしまったけど、心機一転頑張ってます。というか初期~中盤の方が楽しい。グフの発売日に、早起きしてグラナダまで買いに行ったりしてる頃が一番楽しい。

マイ部隊 これが僕のかわいい独立部隊。
 グフの開発で一時的に優位に立った我がジオン軍も、連邦の“赤い悪魔”ガンキャノンの出現によって戦況は一変。モスクワは陥落し、オデッサも奪還され、戦線はついに宇宙まで押し戻されてしまった。米軍幹部の予言的中。しかし宇宙ならザクレロが使える!

 結論としては、ガンキャノンは強いってこった。(根に持つタイプ)


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter