カバヤ食玩フィギュア『伝説のブルース・リー』

2003年11月29日 土曜日

 それにしても“カバヤ”はやってくれる。
 今年の5月に、僕はカバヤの食玩『世界の神話』を集めていた。“日本の神話篇”と称して見事な出来の仏像フィギュアを集めた、素晴らしいシリーズだった。

リーA あれ以来ナリを潜めていた、俺的食玩ブームであったが、カバヤがまたまたやってくれた!
 その名もずばり「伝説のブルース・リー」。
 素晴らしすぎる。机の上に飾ったら、あっというまに体温が2度ほど上昇する。

 ただ、多少の難を言わせてもらうなら、ちょっと頭身がおかしい。頭が大きいのだ。まぁこれは人形というか、デフォルメキャラだからということで納得しよう。表情を出すための措置かもしれないからだ。
 あとは、ちょっと体が細すぎるのが気になるところだ。しかしこれも、もしかすると『燃えよドラゴン』の最後の撮影シーン(つまり映画の冒頭シーン)の時の肉体を再現しようとしたものかもしれない、と考えると何も言えなくなる。

 このように、全てにいちいち先回りして、自分の脳内で理屈を捏ね回していいほうへ解釈するのが「信者」に共通する姿勢です。僕は、いつかシアトルにあるブルースの墓参りに行こうと考えている、リアル信者です。

 それにしてもカバヤは良心的すぎる。この商品、全5種類なんだけどパッケージに「この箱の中にはAのモデルが入っています」という風に書かれているので、普通に5個買えばコンプリートできてしまうのだ。
 さすがカバヤッ! バンダイに出来ないことを、平然とやってのけるッッ!
 そこにシビれるッ あこがれるゥーーーッ!!
(でもラムネはいらない)

デスクトップ会社で机の上に作った、ミニ撮影スタジオにて。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter