特別寄稿・小久保.txt

2003年11月4日 火曜日

 僕は野球に明るくないんですが、今日通勤中に見かけたスポーツ新聞の一面が、全て同じネタだったのでちょっと気になったんです。
 で、会社についてから、斜め前の席の久慈くんに「一体何が起こったの?」と解説キボンヌしたら、煙草2本分の時間を費やして説明してくれました。ふーん、なるほど、と思って席に戻り、暫くしたら久慈くんからこんな長文が届いた。以下に転載。


11月3日、ホークスと小久保が「小久保が無償で巨人移籍」と発表

***** 移籍前の状況 *****

<小久保>
・ダイエーを出たかった。
 ・今年の怪我の治療費を出してもらえず、球団に不信感。
 ・借金があるため金が欲しいのに、ホークスでは年俸アップが望めない。
  ・去年の契約交渉で、すでに揉めている。
・来年FA権(他球団へ移籍する権利)を取得する
・怪我で今年1年を棒に振った。
 ・来シーズン復帰予定だが、確実ではない。
・メジャー志向がある。

<ホークス>
・球団が身売り直前なほど貧窮している。
・今年放出せずに、来年小久保がFAで移籍をすると、移籍先から補償金(年俸の1.5倍。小久保を放出する場合、約3億円)を得られる。
 ・いま放出する理由はない
・ホークスは人件費削減をしたかった?
 ・もしそうであればなおのこと、無償ではなく金銭トレードという形を取る。
 ・実力、精神両面でチームの中心である小久保放出の理由にはならない。小久保の年俸、約2億円のために中心選手を放出するようなら、球団を手放したほうがよい。

<ジャイアンツ>
・国内最大の金持ち球団。
・打力はセ・リーグトップクラス、かつ、内野手は過剰気味。
 ・特に小久保を必要としていない。
 ・強いていうなら、松井(西武)獲得に失敗することを考え、三塁手に江藤、元木以外の選択肢を求めた?

***** 移籍後の状況 *****

<ホークス>
・小久保を失った
選手のモチベーションが著しく下がった
・ファン離れが大きく進んだ

<ジャイアンツ>
・小久保を得た
 ・小久保が使えるかは未定
 ・今後の補強状況によっては、小久保が万全になっても代打要因
・日本シリーズのライバルの戦力を削いだ
・「日本一ダイエーの主砲を獲得!」とアピールできた(読売系列マスコミ)。
・アンチの神経を逆なでした
・ファン離れが一部で進んだ

<小久保>
・年俸がたっぷりもらえる球団へ移籍できた
・メジャーという夢も継続できている

***** そのほか *****

<なぜ(表向き)無償移籍だったか?>
・ホークスオーナー中内の言葉どおりなら「移籍金を無償にする代わりにホークスの貢献者である小久保の年俸に上乗せして欲しい」とのこと。

広告

<裏金や、なんらかの密約がジャイアンツサイドからあったのでは?>
・そういった疑惑を払拭するためにも、ジャイアンツは金を払いたい(払ったと発表したい)。ホークスとしても金が欲しい。にも関わらず無償という発表に至ったのは、中内の言葉に偽りなく、今回の件は小久保主導だったと言えそう。

<なぜジャイアンツへの移籍だったか>
・1年後にFAでメジャーリーグ行きが確実視されている選手、しかも来シーズンに働くかわからない選手に金を払えるのがジャイアンツだけだったから。
・もちろん、裏金や密約の可能性は否定できない。なぜなら、上記条件でも小久保が欲しい球団はジャイアンツ以外にもあるのに、それらの球団へ話はいっていなかったから。


宮本:
おぉ~、分かりやすい。つかなっげ。これが久慈くんの分析か。
なるほどね……って、これひょっとして今書いたの?

久慈:
うん。さっきの喫煙所でした説明はわかりにくくて不満だった。

宮本:
(今日は暇なのか……?)

久慈:
あと、小久保のデメリットとして「金目当てと罵られる」てのがあるんだけど、どういうわけだかそんな声はきかれず。ホークスとジャイアンツが隠れ蓑になってるぽい。

宮本:
1番得をしたのは小久保ってことでFAなのね。まさにFAなのね。
サイトに転載させてください。もったいない。

久慈:
オーケーですよー。むしろよろしく。ダイエーや巨人が叩かれるのが不憫でならない。ファンにしてみりゃ「小久保さんが移籍したがるわけが!」てなもんでしょうが。

宮本:
不透明な人事に際して、現実を直視しようとしないファン、という図式はハロプロ、モーニング娘のそれに類似してるなあ、と思った。
ナベツネしかりつんく♂しかり、フロントに叩きやすい悪人がいるところとかも。

久慈:
つんくってそんな認識なのか……?

あと、どうも僕は“文章勿体無い病”とでも言おうか、せっかく時間を費やして作成された文章がどこにも使われず、無為に消えるというのが我慢できない性分のようなのだった。最近気付いた。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter