タトゥー日本公演の惨状

2003年12月3日 水曜日

外ゥー1日目
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Kaigan/6211/tatu.html

始まって1時間で終了ですか(汗)
え〜〜!!!と周りから声が聞こえるも、そそくさと席を立つ方々。

その時!アンコールが!

広告

どこから聞こえるのかキョロキョロするとなんと、
今回は使われていないはずの2階席から聞こえてくるではないか。

関係者必死だ。ちょっと可哀相になった。

ドームを出た後、明日の前売りを売っているアナウンスが。
傍らでダフ屋の兄さんがチケットを売っている。半額だそうだ。

Webアーカイブより

 世紀の暴落株、閑古鳥の象徴となったt.A.T.uの東京ドーム後援。1日目の惨状をして、2日目の公演は果たして中止なのか? と実況スレを探していて見つけたのは、こんな関係者の叫び。

■ 某radio局員 ■ [ DATE: 03/12/02 13:38 ]

今日もこれから行ってきます。今日のノルマは1人あたり1,100枚です。マジぶち切れてるんですけど……昨日の天気で風邪ひくし一生懸命撒いたのに動員含めて2万人弱の入り。私の半券、今日の色は黄色です。7,500円と6,500円のシート500枚、600枚です。某青山付近の4大でこれから無償配布します。良かったら……。でも構内には入れないかな?

 せ、1,100枚っ!? 悲惨すぎる。

 サラ金のティッシュ、いやピンサロの割引チケットよりも価値のない、まさにキング・オブ・クズチケット。ダフ屋も避けて通る。

 さすがにまで来ると、ちょっとかわいそう……。

 ……関係者が。

 こうして、タトゥーはありとあらゆる日本人に迷惑をかけて帰っていくのだった。「お騒がせ」どころじゃない。有史以来、日本は露助に迷惑しかかけられていない。露助が約束を違えなかった試しは無い。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter