こらーーっ! 両津!!(京都府警も感染)

2004年3月31日 水曜日

「あの京都府警が感染した!」ということで、ネット上の一部では、第2次キンタ祭りの様相を呈しています。

 京都府警といえば、かの名高きハイテク犯罪対策室をもち、Winnyユーザー2名を逮捕し、作成者である47氏を家宅捜索し、PCを没収した、あの京都府警である。

広告

 そこの巡査がキンタマに感染し、捜査報告書や指名手配書などの機密書類を流出させたというのだから、さあ大変だ。ネット上では、この巡査のユーザー名が「りょう」だったことから、「両さん」と呼ばれているとか、いないとか。エロとかロリとか見てなくて良かったね…。

 府警は現在、「ネット上からファイルを削除する方法を検討中」らしいが、それが無理であることは中学生でもわかる。全国のPCを叩き潰して回るつもりだろうか。それともハイテク対策室の技術力をもって、特定ファイルのみを消去するウィルスでもバラまくのか。

 しかし、相手はあの京都府警である。

「Winnyの匿名性は完全に暴かれたといっていい。今後、Winnyの仕組みを使ってファイル交換を行なえば、いつでも警察に摘発される状態になるということだ」

 と豪語した、あの京都府警だ。今回の件も、ひょっとしたらおとり捜査だったりして……?

→参照リンク

京都府警巡査、Winnyで個人情報流出まとめ

京都府警、「Winny」ユーザー2名を逮捕(昨年11月)

やるならとことん!(キンタマの恐怖)—–


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter