黒ひげ金正日危機一髪

2004年4月25日 日曜日

 北朝鮮の列車事故は、物凄い規模だったようです。目撃証言によると、大きな光の後に、10分間ほど黒いキノコ雲が上がったとか……。それってまさか核?(核爆)

 キノコ雲は、核爆発などの圧倒的なエネルギーが空気を圧縮し、それが押し戻されて形成されます。今回の事件では、積荷が硝酸アンモニウムや石油だったから大爆発した、とされています。キノコ雲は核爆じゃなきゃデイジーカッター*クラスの超爆発じゃないと出来ないのですが……。まぁもし核爆発だったとしても、中国との国境ということもあり、隠蔽は不可能でしょうから事実 火薬と石油だったのでしょう。

広告

危機一髪 それ以上に気になるのが、果たしてこれが金正日(きん・しょうにち)の暗殺計画だったのかどうか? という点です。金が通過して9時間後に起きたようですが、この9時間というのを誤差と見ることができるかどうか。議論の大勢は暗殺否定に落ち着きそうですが、暗殺にしろ事故にしろ、「惜しかったなぁ」といったところか。( 暗殺説については、極東ブログに詳しい。)

「北朝鮮が事件を隠蔽せず、しかも国際社会に援助を要請した」というのが話題になっていますが、それだけかの国も追い詰められているということでしょう。労せずして北朝鮮本国を爆撃できたのに、それを援助しなきゃいけないってのも勿体無い話ですが。あ、ジョークジョーク。

 なんせ、列車事故で町は火の海になりましたが、現在北朝鮮は全土が火の海らしいのです。

衛星から見た北朝鮮の写真

 燃えすぎ! 煙が煙が…!

 列車事故、山火事、五輪女子サッカーの敗北。これらの事象は、象徴的にも現実的にも、とうとう北朝鮮が崩壊する予兆なのかもしれません。

*……アメリカがイラクで使用した大量破壊兵器。—–


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter