ロボキッス!!!!!!! 雑感と歌詞

2004年10月8日 金曜日

つんく♂楽曲コメントより)

SEXY ROBOTがテーマなのです!今回のシングルは。

あっという間に3枚目のシングルです。

彼女達自体がとてもアートなので、そこをさらに強調するためにも、

スピード感溢れる曲にしました。

テンポ自体が高速というわけではないのですが、そう感じる仕組みになっているのです。

歌詞に関しては「どんな子だってKISSがしたい!」というシンプルな構造になっています。

ビートルズの「SHE LOVES YOU」とか「抱きしめたい!」とか、なんかそんな感じで、

「伝えたいことはそれだけやねん!」 的なイメージでつくりました。

 何というか、つんく♂の書く文章はいつも拙い。ただ、つんく♂という存在自体がとてもロックで、スピード感が溢れているのだと思う。あと、思考の構造がシンプルで、だからこそ強いのかな。

 しかしすごいコンセプトだなこれ。『SEXY ROBOT』って、Yを抜いたらえらいことになるよ。

 個人的にずいぶん前から警鐘を鳴らし続けているんだけど、辻ちゃんをはじめとするモーニング娘を覆う“セクシー至上主義”とでもいうべき空気があって、これは“セクシー=格好良い、大人っぽい、素晴らしい、究極善”とする急進的な思考である。で、それがどこから来たのかというと当然つんく♂から下賜されたものなのだ。でも、思うんだけど、“セクシー”ってそんなに素晴らしい価値だろうか?

 それでも「いつまでも子供じゃないのね」に象徴されるように、つんく♂はWをミニモニ。路線でなく、等身大の17歳の女の子として売っていこうとしている。この点は理解できるし、高く評価したい。

すごいあのこはGO GIRL

やばいあいつはYES MAN

だれもかれもが平凡?

広告

ダメダメ!

何処に投げてんのノーコン

デートの誘いアイコン

穴が開いてるレンコン などなど

恋ぐらい 知ってて当然

好き好きっす キスをください

好き好きっす キスは無限大

好き好きっす キスはわかるわ

好き好きっす ロボットだっても

☆シャバラ ラン ラン ラン ラン ラーラ

シャバラ ラン ラン ラン ラン ラーラ

シャバラ ラン ラン ラン ラン ラーラ

ロボロボ

これであの子と友情

それじゃ彼氏とフェイドアウト

なんてこっちゃの連休 ダメダメ

計算ずくで猛アタック

ダメも承知でヘッドロック

恋の行方はありがたく

いただけ!

いつまでも 子供じゃないのね

好き好きっす キスをください

好き好きっす キスはコーションね

好き好きっす キスはひとりじゃ

好き好きっす 誰も出来ません

☆くりかえしX2

—–


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter