辻加護のラブラブ度はいかに……?

2004年10月15日 金曜日

 先月、ニュースサイト系リンクが集中したときはサイトをデリられてしまった99式です。今また、ガキさん伝説と国が燃えるコラでアクセスが集中しているんですが、大丈夫です。さすがさくらだ、なんともないぜ!

 そんなことより、ザ・テレビジョンが凄すぎます。今日はザ・テレビジョン10/22号の凄すぎる中身! について。

 W(ダブルユー)が表紙なので何気なく手にとって見たら、これがもう、凄いの凄くないのって。衝撃のあまり、読後30分くらい、机に突っ伏したまま何もできませんでした。ちょっとその凄すぎる中身を抜粋して紹介させてください。

加護「時間あればしょっちゅう2人で買い物とかカラオケとか行くし。きょうも誘おうと思ってたんだよ」

辻 「きょう? ほんと!?(満面の笑み)」

   !?

ま、満面の笑み……! 仲良すぎ、って言う。しかしこれはほんの序の口。

加護「今、交換日記してるの(笑)」

辻 「それでメールも電話もするし、話すネタは尽きないよね。たまに3日間とか会わないと、会ったときにうれしくてベタベタしちゃうもん

加護「してる~! たった3日で、すっごい会ってなかった気がするの。」

え、えぇぇーーーっ!? そ、そんなバカな! どんな恋人同士だ!? 会えない時間が愛育てるのさ……!

加護「思い返してみたら、あたし気持ち悪いほどベタベタしてるよね!? だってのんイヤがってるもん!(笑)」

辻 「アハハハハ! 全然そんなことないって~!! 遊園地でもさ、2人で小指つないで歩いてたんだよね

加護「いつでも『Wでーす!』って(ポーズ)できるねって言いながら(笑)」

ゆ、遊園地で小指をつないで歩く!? 今、2人の姿を想像して意識が遠のきました。あぁァァ……。のっののちゃーん!あいぼーん!のーーっ!ぼーッ! ほあアーーーっ!! ホアアアァァーーッ!!

辻 「あいぼんが書いた詩を見たんだけど、すごかった! フツーに歌にできそうなの!」

加護「でものん、それを声だして読むんだもん。すーっごい恥ずかしかったよ(笑)!」

辻 「ハハハ~、声出しちゃった(笑)」

加護「アハハハハ~(照)」

   !?

 ラ、ラブラブ過ぎる……! 読んでるこっちが照れてしまった。浜辺で追いかけっこしたり、草原をゴロゴロ転げまわったりしてる勢いですよこりゃ……。いや、すごいよこれ。本当すごい。すごいなんてもんじゃない。宇宙すごい。

 このラブ度は、恋人同士のそれとか、はるかに凌駕している。もちろんマリア様な同性愛でもなく、かと言って肉親の、例えば姉妹愛とか、家族愛とか、それよりも濃密で崇高な感じ……。これはもう、辻加護愛とかW愛とか、愛・地球博とか、めぐり愛・宇宙とか、何か新しい概念をどこかから持ってこないといけないんじゃないか、という気すらしてくる。

 ザ・テレビジョン、Wの表紙で発売中、ミニポスターも付いてお得です。そして何よりこのインタビュー記事は国宝級。

—–

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter