TSUTAYA online はてな

2004年11月13日 土曜日

 結局、はてなの住所登録問題ってのは、何のためなのか? という質問に明快な答えが用意されないままみんなが悶々としていたところに、彗星のごとく現れた新サービス。TSUTAYAはてな。

 なるほど。論より証拠、百聞は一見にしかず、ということか。ぐちゃぐちゃ申し開きをするよりもよほどすがすがしいものです。ポイントを共通化するとしたら、TSUTAYAの土俵に乗らなきゃいけないし、オンラインレンタルをするなら住所が必要です。これで、はてなのポイントを使って、ぽすれんみたいにオンラインでDVDがレンタルできたりするようになるよ! やったぜ! よかったねはてな!

 これは別に皮肉じゃなくて、ふつうにビジネス形態として大アリだと思います。利用するかしないかはともかく。ただ、これは僕個人の勝手な印象ですが、はてなDerの人は、はてなに強固な思い入れというか幻想のようなもの(あくまでユーザー本意、とか)を抱いているように見えます。確かに新世代の日記/ブログサービスの旗手として、素早い対応と“顔の見えるサービス”を提供してきたはてなには、ユーザーとの間に信頼関係のようなものが構築されていたのは確かです。が、そうした思い入れが強すぎると、こういうときお互い大変だろうなあ、と思います。

 そして、ただのはてなDユーザーと、“はてなダイアラー”とを分かつラインはおそらくこの思い入れの強弱、“はてな愛”なのだろうと僕は考えています。

 また、TSUTAYAという文字列を見るとちょっとTETSUYA KOMUROを連想してしまうのは僕だけではないのではないか、とも考えています。—–

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter