ヌメリナイト

2005年2月26日 土曜日

Numeri Night 3/4

 来週トーキョーで行われるモンスターイベント、『ヌメリナイト』に出演予定と噂の、九十九式フロントマン、宮本・ザ・ニンジャに話を訊いてきた。

ヌメリナイトに出演するそうですが、どんな経緯が?
宮本
:みんなも知っての通り、Numeriのpatoが、サイトの1億5千万ヒットを祝して、ヌメリナイトなるフェスを開催するんだよな。これがなんとこの宮本にも、DJのオファーが来たってわけさ。俺とPatoとは最近の知り合いだけど、もう何年分もアイドルの話をしたよ。グレートなテキスターさ。俺たちは源としてるところが一緒なんだよ。あの頃からプレイしているテキストサイトはみんなそうなんだ。

—久しぶりのDJプレイですが。
宮本
:そうだな。“RAVE窮”で極寒の河川敷を地獄の釜の底みたいに熱くして以来のことだ。しかし俺も、伝説のインディーズバンドのカリスマギタリストとして名を馳せた宮本・ザ・ニンジャだ。ロック魂なら誰にも負けないぜ! とばかり、このオファーを快諾したってわけさ(笑い)。

—ジャンルは何ですか。
宮本
:俺がそんな生粋のハロプロオタであることを見越してか、Patoのオファーは「アイドルを」というものだったんだ。イエス、もちろん流すさ。俺の心のアイドル、オジー・オズボーンをな!(笑い) まぁ勿論、そんなんばっか流して30分も40分ももつわけがないから、今回もジャンルは
HR/HM&HP
で行くよ。ハードロック/ヘヴィ・メタル&ハロープロジェクト! という、泣く子ももっと泣く、モーヲタもマワる、狂気の新ジャンルだ。これほどモテない選曲もちょっと他に考えつかないよな。きっと凄くエキサイティングなものになるぜ。何しろ世界で最もホットな3つのジャンルが顔をあわせるんだからさ。ハッハー!

広告

—では、最後に読者へのメッセージを。
宮本
:ヌメラーも、モーヲタも、九十九式ッズも、みんな3月4日は新宿に来てくれよな。俺も楽しみにしてるよ。音速のエア・ギター・プレイで、必ずガツンと食らわしてやるぜ。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメント / トラックバック 2 件

  1. 黒猫。 Says:

    オズボーン!!
    いやぁ、是非聞きたかったなw

    ってか、イングヴェイの方がネタになるのでは、と言ってみる。

  2. 宮本 Says:

    オーーラボーーーー!ハッハー!
    インギーもやりたいんですけど、というかそっちの方が好きなんですけど、そうすると完全に“躍る”ことを切り捨てないといけないなあと思いまして。スピードメタルでは人は踊れない。

    いや、オジーで踊れる人がどのくらいいるかも分からないですけど。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter