4月ばか

2005年4月1日 金曜日

 都心でもようやく桜が咲いた。昨日、TVで“桜開花の瞬間”を映像で見たのだが、何のことはない、気象庁の職員が靖国神社に来て花のつぼみを観察し、役所に電話をかけて「規定どおり5個以上咲いていましたので、ただいまをもって開花」と言っただけだった。地味…ですね…。

 さて、ネット上では本日4月1日、ウソ記事が満開である。昔はここまで花盛りではなくて、例えばYahoo!など一部のネット企業がちょっとしたジョークを披露するだけだったような気がするが、今ではどこもかしこも一斉にジョークページに切り替えている。紙媒体に比べて自由な、WEB媒体ならではだろうか。

 個人ネットユーザーレベルでもエイプリルジョークは腕の見せ所だ。ウソニュースの新聞記事をコラージュしたり、デザインをそっくり他のサイトと入れ替えたり、狂言閉鎖したり、なぜかベリーズ工房サイトになっていたりとさまざまだ。なぜか他のサイトが表示される、というジョークもある。

 しかしこうして比較して考えてみると、個人サイトに比べて企業サイトは明らかに有利である。例えばポータルサイトがトップページをちょっとしたジョークバージョンにするだけで「あんなちゃんとしたところがこんなことを!」とウケてしまう。落差が生む水増し評価といえるが、そもそもジョーク・笑いは落差から生まれるものなのでしかたないか。
 あと、ニュースサイトやニュースコーナーはもともと毎日ニュースを扱っているので、嘘ニュースを混入させるのが非常に容易い。例えば僕が嘘ニュースをやろうと思ったら、まず嘘ニュースのソースを捏造することから始めなくてはならない。

 そんなわけで、個人サイトのエイプリルフールネタは割と限られてしまっていて、デザインをそっくり何かと入れ替えるか、狂言閉鎖するかくらいしか思いつかない。他に何かいいアイデアがあったら教えてください。来年使います。ちなみに前年の九十九式は、閉鎖と見せかけて閉鎖しない、不閉鎖文を書く、というものだった。

 ってなわけで、今年の九十九式! mixiバージョンにしちゃいましたァーーん!
…はい。そうですよね。今さら遅いですよね……。このデザインにしてからもう2週間近いですからね…。思いついたときはもう3月下旬だったのに、どうして今日まで待たなかったかなぁ! 俺! もう! でもエイプリルフールだと1日限りでしか使えないもんね。というかこれ、いつまで続けんのって感じだけどね。—–

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメント / トラックバック 2 件

  1. 匿名 Says:

    開花の際に職員の方が携帯で「開花です」って伝えたら周りの人が拍手をし始めて職員の方が「いやいや・・・」って感じで照れてたのが微笑ましかったです。

  2. 宮本 Says:

    地味なんだけどほのぼのとしていて、まぁ「らしい」と言えばらしいですなぁ~。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter