ハロコン2005雑感(上)

2005年7月24日 日曜日

 あれだけ「2度とハロプロの現場には行かない」宣言をしておきながら、静かな席が手に入ったので恥ずかしながら行ってまいりました、2005年夏のハロコン。

 ハロプロコンサート、通称ハロコンと言えば、ハロプロ全員が一同に介する恒例イベントですある。モーニング娘本体にかつてほどの情熱を傾けられなくなってしまった今となっては、単体コンサートよりはよほど楽しい。基本的に、ハロプロは全体的に大好きだし。

 しかし、あまり大所帯のコンサートのため、司会が必要になる。ここで毎年つんく♂の舎弟のとっちゃん坊や、まことの喋くりをガマンしなければいけないのが難点だった。

 今回も、「えー、本日はー地震の影響で45分ほどですね、えー、遅らせさせていただきました、と。さて、じゃメンバー紹介…」と、一向に要領を得ない喋りでしょっぱなから会場の空気をクールダウン。その後はオンドゥル語もかくや、という不明瞭ぶりを発揮し、さすがにコーラの空き缶を投げようと思ったところで、そのときが来ました。今夜の歴史が動いた瞬間です。

「リャン、リャリャリャン、リャリャー…」
この聞きなれたイントロは、美勇伝のデビュー曲『かっちょいいぜJAPAN』。が、出演者より先に何か、ドラムセットのようなものがせり出してきた。いや、あれはドラムセットそのものだ! いや、しかも誰か座ってる…?
リャン、リャリャリャン、リャリャー…パン!
かっちょいいぜかっちょいいぜ!ドコドンドンドンダッタッターン!

 なんと、まことの生ドラムによる『かっちょいいぜJAPAN』。これには心底驚いた。まことも、心底楽しそうな顔をしていた。いつもは死んだ魚のような目のまことが、輝いていた。

広告

 これだよ、簡単なことだ。得意な事をやらせてやれば良かったんだ。まさか、ハロコンに行ってまことに心からの拍手を送れる日が来るとは思ってもみなかった。初めて、まことを認められた。

 しかし、手放しで誉められたものでもない。去年あたりから、ハロコンのセットリストは全シャッフル状態になって、誰の曲を誰が歌うのか分からない総カラオケ状態となり、賛否の声が別れている。

 この美勇伝の曲も、せっかくかっこいいアレンジと演奏になっているのに、当の美勇伝は横の応援席に座って手拍子をしているのだ。こんな馬鹿げた話はない。例えば『ちょこっとLOVE』とか、終了ユニットや脱退者を含むユニットの曲をカラオケする分にはまったく構わない。しかし、現役ユニットの代表曲を他の人間に歌わせてどうするというのだ。そこに本人がいるのに!!
 あと、まこともこの曲以降また死んだ魚に戻ってしまった。いや、満足しきって虚脱してしまったのか、より非道くなっていた。

「フーウー、ウーウー、ハア ハア ハアハーーーン」
 今度は、『LOVEマシーン』のイントロが流れてきた。こんな大事な曲も適当に歌わせちゃうのか。やれやれだ。と思った瞬間、僕は気付いてしまった。思わず「あ!」と叫んだ。
「ディアーーーーー」
 天高く人差し指を突き上げ、叫んだのはジョンソン。飯田圭織その人だった。いる、みんないる。
 中澤、飯田、安倍、保田、辻、加護、石川、後藤! あの8人が、銀色のロングコートをまとってLOVEマを歌っているのだった。狙いすぎの演出ではあるかもしれないけど、やはりずっしりと来た。いいものを見た、という気持ちになった。みんな楽しそうだった。吉澤も矢口もここに混ざりたかっただろうなあ、と思った。

 その後に現在の娘が出てきたんだけど、もう完全に別グループだった。それにハピサマなんてやらせるもんだから、余計にあのメンバー達の不在が浮き彫りになって何ともいえない気分に。優劣じゃないんだが…。

 長くなったので続きは明日。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメント / トラックバック 3 件

  1. 美勇伝 Says:

    美勇伝のデビュー曲は恋のヌケガラですよ。

  2. 津短 Says:

    ハピサマ当時のメンバーはもう吉澤しかいないんですもんねぇ…そのLOVEマシーン見てみたかったです。

  3. 宮本 Says:

    >>1
    そうなんですよね。オリジナルメンバーは既にいない。

    >>2
    ありがとうございます。代表曲、に直しました。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter