ハロプロ楽曲大賞2005 投票と選考理由

2005年11月24日 木曜日


第4回ハロプロ楽曲大賞2005

宮本の場合。

1位 18 ~My Happy Birthday Comes!~ /W
2位 まだ もうちょっと 甘えていたい /W
3位 Missラブ探偵 /W
4位 カッチョイイゼ! JAPAN /美勇伝
5位 スッペシャル ジェネレ~ション Berryz工房

選考理由。
1位 18 ~My Happy Birthday Comes!~ /W
今年のハロプロは、キャラ&メルに始まってキャラ&メルに終わったと言っても過言ではないだろう。とにかくキャラ&メルミュージカルは素晴らしかった。この曲は、たまたまそのときにあったW(ダブルユー)のアルバム曲だったはずが、妙にキャラ&メルの世界観にあっていたために、なぜかテーマソングとなったもの。これから18歳を迎える二人にとっても、思い出深い一曲となったことだろう…。

2位 まだ もうちょっと 甘えていたい /W
キャラ&メルミュージカルのコンサートパートは、OPもEDもマイハピだった。それはそれでテーマソングイメージの固定化が進んでよかったけど、これがEDだったらなんかぐっと来て良かったのになあ、と思って聴いていたら、脳内ではそうなってしまった。「ぎゅっと抱きしめて」がミニモニ解散時に歌われた曲になっているのと同じく、偽記憶。

3位 Missラブ探偵 /W
つんく♂の手を離れた初のW(ダブルユー)オリジナルシングル曲。別につんちゃんじゃなくてもいけるじゃん! というか、逆につんく♂じゃないから、作り上げた「W(ダブルユー)っぽさ」に囚われることがなくて良かったんでしょうね。つんく♂は、後藤のイメージを未だに掴めていないのと裏腹に、W(ダブルユー)のイメージが固定化しすぎている。

4位 カッチョイイゼ! JAPAN /美勇伝
突き抜けた怪作。かっちょいいのかジャパンなのか美しいのか勇ましいのか、何だかまったく分からないけど、伝説的な楽曲となることだけは間違いない。いつかのハロコンで、まことが生ドラムで出演したのも記憶に新しいところ。あれも間違いなく伝説のワンシーンだ。

5位 スッペシャル ジェネレ~ション Berryz工房
楽曲大賞。あくまで楽曲の良さで選ぶとしたら、この曲は選ばざるを得ない。下世話にしてキャッチーなメロディと有無を言わせぬグルーヴィーなスピード感。シャバダバ。このアウォードの結果は、さすがに最早つんく♂の耳にも入るようになっているだろうから、「良い曲を作れば評価される」という当たり前の結果は届かなくてはならない。つんく♂が絶望病にかからないように。

広告


PV部門
1位 カッチョイイゼ! JAPAN /美勇伝 3
2位 Missラブ探偵 /W 2
3位 THE マンパワー!!! /モーニング娘。 1

選考理由

1位 カッチョイイゼ! JAPAN /美勇伝 3
これは、見たら1位にせざるを得ないでしょう!鹿鳴館のような明治風洋館で、美勇伝の3人が織り成す百合模様。石川さんが三好さんにキスしようとするイメージカットや、石川さんの足にすがりつく岡田さんの艶姿などが笑顔でようこそ。あと岡パイ。

2位 Missラブ探偵 /W 2
キャラ&メルが友情出演するんですよ! 「辻ラップ」の部分の二人の動きが、どうにもあんまり格好良くないのがかわいい。

3位 THE マンパワー!!! /モーニング娘。 1
なんか宇宙空間でずっと踊ってる。宇宙酔いしそう。ものごっつい曲だった。Mステで中継を見せられていたときの田尾監督の顔が忘れられない。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメント / トラックバック 1 件

  1. 津短 Says:

    たしかに今年は18 ~My Happy Birthday Comes!~ な気がします。
    つんくさんも作る曲が多そうで大変そうですね(いろんな意味で)

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter