卒業

2006年5月1日 月曜日

 モーニング娘の五期メンバー、紺野あさ美と小川麻琴が卒業するという。しかも卒業後のハロプロでの営業活動込みではなく、二人とも“一応”進学ということになっているので、事実上の引退なのだ。とうとう五期メンバーが卒業してしまった、という事実には、いささかの感慨がある。

 僕の中では、未だに5期メンバーというのは「準新メンバー」扱いで、ようやく中堅に足を踏み入れたぐらいか、という認識で止まっていた。それが不慮の事故以外の理由で卒業してしまうほど時が経っていたとは。気付いてみれば、5期以外には僅かに4期の吉澤がいるのみで、後はみんな“新メンバー”ではないか。

広告

 まあなんせもう5年も経つわけですからね…。小泉首相の在位も五年。九十九式の運営も五年。5期メンバーも入って5年、か。

 また、今日はちょうど7期メンバーの久住小春クンが加入した日(ハロモニで発表された日)でもあるんですね。何ということだ。これで1年とは早すぎる。

 そうして五月一日は、僕の記憶の中に刻まれることとなる。人は人と出会い、成長して、卒業していく。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (1 投票, 平均値/最大値: 4.00 / 5)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter