[06] 『バキ』はジェットコースター

2006年11月30日 木曜日

 バキーはージェットコースタ~(キンキキッズの歌で)

 会社から道路挟んで向かい側に、新しく漫画喫茶ができてとても幸せです。しかも食べ物持ち込み可、なので、会社帰りに松屋で豚めし買って漫画読みとしゃれ込むことが出来て幸甚です。

 この前ちょっと漫画喫茶で読み始めてからずっと気になっていた『バキ』を読んだ。実は『刃牙』はもちろん全巻読んでいたけど、『バキ』になってからは連載で飛び飛びで読んでいたので、話の流れがよく分かってなかった。最初のスペックが暴れてた頃はむさぼり読んでいたけど、その後死刑囚編がどうなったのかよく分かってなかったのだ。

 で、今回初めて『バキ』を全巻通しで読んでみた。

 それなのに結局、何が何だかさっぱり分からなかったです。飛び飛び読みだから分からなかったんじゃなく、通しで読んでも訳わからなかった…!

 週刊連載で、最後のページで「えええーーーーーっ!?」ってなる式のビックリを多用しすぎなので、話があっちゃこっちゃ飛んで場所も飛んで、最強っぽい奴はアッサリ死んで、というか死刑囚はなんだかうやむやになってて、要するによく分からなかった。ジェットコースターに乗ってるみたいだった。

 しかし、ある単行本の巻頭コメント(バキの巻頭には、板垣が今まで数多のファイター達と対談した中から、印象的なフレーズを抜粋して掲載してある。もちろん「自分の」コメント部分。)で、
――あなたにとってまんがとは何ですか?
「ジェットコースターもしくは駄菓子。
 どこへも辿り着かない、栄養にもならない。でも読んでいる数分間は純粋に楽しい時間を提供する」
 みたいな事が書いてあって、ああなるほど、体現しているのだなあ、と思った。

広告

 さて、「あなたにとって日記とは何ですか?」と聞かれたらなんて答えようか。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter