秋祭りの日

2009年10月17日 土曜日

近所で秋の祭りがやっていた。
商店街が歩行者天国になり、各店舗が自分の店の前に出店を出して、ビールやおつまみを売り、町内会の人たちがかついだ御輿が出てくる、まさに地域密着の本当の祭りである。実に面白かった。

たぶんこれって、「何を今更」というか、全国津々浦々どこに出もある秋の光景なんだと思う。だけどずっと造成地の新興住宅街で生まれ育った僕にとっては、こうした地域の人のつながり、伝統的習俗に触れられなかった。新しく拓かれた街には、神社がなく、商店街すらない。買い物は全て大型スーパーで、祭りは「市民祭り」だった。そこで祭られるべき神はどこにもいない。神がなければ、人もいない。

御輿 商店街

夕飯は近所(自宅アパートから徒歩1分)の個人経営のレストランで記念ディナー。仲睦まじい若夫婦二人でがやっていて、いつ来てもアットホームな雰囲気で美味い料理が出てくるので気に入ってる。こういう店も生まれ育った街にはなかった。

ワインも自然派を中心に色々取りそろえてあるので、酒飲みの常連客も多いようだ。僕らが行ったときには、すでに先客がかなりできあがっていて、熟年夫婦の奥さんらしき人の方が感極まって泣いていたり、30代女子とおぼしきグループが「男女は分かり合えるか」で激論を戦わせたりしていた。

アイスプラント

前菜のアイスプラント

岩手産原木キノコとツブ貝のグラタン風

原木キノコとイサキのグラタン風

何かのおいしいパスタ

何かのおいしいパスタ

メインは白金豚の煮込み

メインは白金豚の煮込み

前菜についていたアイスプラントという野菜。水滴が凍ったような透明なつぶがたくさん付いていて、食感がシャキシャキとして面白い。温前菜のキノコのグラタンは、むっちりとしてとても食べ応えがあり、メインの白金豚のジューシーさもまた絶妙だった。全部の皿で一杯ずつワインを出してもらい、すっかり良い気分になってしまった。

食後にバースデーケーキを出してもらったんだけど、期せずして店内のお客さんが「ハッピーバースデー」の大合唱をしてくれて、嬉し恥ずかしかった。何というアットホーム。いい酔っぱらい。

帰りに夜景を見て帰路へ。この街に来てもう2年が経つ。もうすぐ引っ越すことになっているけど、もう少しこの街に住んでいたかった気もする。

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (3 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 1 件

  1. suzaku Says:

    九十九式更新! 秋祭りの日 http://bit.ly/3azjx5

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter