仁川国際空港の満足度

2010年8月19日 木曜日

仁川国際空港

今、僕は仁川国際空港にいます。……そう、韓国です。宮本、まさかの朝鮮半島初上陸。これは事件です。
もちろん韓国に行く気はゼロだったんですけど、エコノミーで格安の航空券が大韓航空しか取れず、行きも帰りもここでトランジットの時間を過ごさなければならないのでした…。

しかし、予想に反して快適です。何の不自由もない。この空港は確かによくできている。
さすがに、近年の国際空港ランキングの常連(2009年WAA1位、2009年世界最優秀空港賞)なだけのことはある。(ちなみに成田はベスト10圏外)
建築年が成田よりずいぶん新しいのもあるけど、それだけではない。この空港は、アジアのハブ空港たらんとする意気込みに溢れている。

仁川国際空港の何が優れているのか

快適な時間つぶし

仁川国際空港

まず、この空港は時間つぶしが極力困らないようになっている。2階部分には、ラウンジがあるだけでなく、誰でも使えるリラックススペースがあり、大きくリクライニングしたソファーや、無料で使えるインターネットスペースなどがあり、2~3時間のトランジットなら余裕で過ごせるようになっている。
1階のターミナルレベルでも、待合いスペースの椅子がフラットで、そこで寝っころがることもできる。

また、トランジットホテルもあるが、それとは別にマッサージルームやシャワールーム(多分いずれも無料)などがあり、とにかく旅人が快適に通り過ぎることができるように工夫を凝らしているのが伝わってくる。

そう、何も、空港で儲けなくてもいいのだ。「仁川空港は快適だった」という満足を植え付けることが出来れば、次も安い大韓航空機を利用してもらえるかも知れないし、ついでに市街観光をして、韓国国内に金を落としてくれるかも知れない。
(この空港では「トランジットツアー」と称して、2~3時間コースから8時間コースまで、乗り継ぎの余剰時間に応じて、日帰りの観光コースが用意されているのだ)

広告

つまり仁川国際空港は、韓国にしては珍しく、大局的な判断によってサービス設計されているのだった。

国の玄関口として

また、この空港は国の玄関口として、とにかく良く見せよう、朝鮮民族、国家の印象を良くしようと懸命に取り組んでいる。
例えば、これも時間潰し用だが、朝鮮伝統文化体験センターなるものがあった。

非実在女官

朝鮮伝統文化体験センター

何か手工芸品を作る体験センターのようなものらしい。暇つぶしに無料でこういうものを体験してもらって、立派に作った「伝統文化」を体験してもらい、外国人に立派な朝鮮文化があったと思わせようとしている。
(写真は非実在女官の人形。実際は当時の朝鮮には布を染める技術が無く、みな白い服を着ていた)

国際的配慮

国際的なニーズにもちゃんと配慮している。例えば2階のリラクゼーションフロアの端には、「Praing Room」があった。礼拝室である。日本人にはイマイチぴんと来ないかも知れないが、例えばイスラム教徒は日に3度、メッカの方角に祈りを捧げないといけない。しかしそれは地面に頭をこすりつけるようにして行なうため、ラグのようなものが必要だし、外と遮断された静かな空間が必要になる。手足を清める必要もある。

報告書

韓国と言えども、見習うべき所はある。ということが実感できただけでも、このトランジットは意義があった。宮本は少し大人になった。

朝鮮語版のビタミンウォーター

ところで、空港の売店で、社畜ネタが死ぬほどウザいでおなじみのビタミンウォーターが売っていた。

朝鮮語版ビタミンウォーター(クリックで拡大)

全く読めないけど、日本版と同じストーリーなんだろうか?
(誰か読める方がいたら教えてください)


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (3 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 2 件

  1. miyamoto99 Says:

    仁川国際空港の満足度 | 九十九式 http://t.co/lIfG5cp via @miyamoto99

  2. エンタメの覚書 Says:

    仁川空港へ行く

    韓国の仁川空港で乗り継ぎを体験しました。
    いやーすごい大きな空港ですね。
    アジア1のハブ空港でたいへんな数の離発着があるようです。
    電光掲示板の大きいこと。

    乗り継ぎの…

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter