10分で1000文字のブログを書く私の方法

2011年7月31日 日曜日

本日は、10分で800文字のエントリーを作成できるようになった、僕のブログ更新法をご紹介します。

先日、ポッカコーヒーの缶が実は色々と変わっている、という日記を書いたところ、徳保さんから、「公式サイトには歴史が細かく掲載されている」という情報をいただいた。早速見てみると、おお、これまでの変遷が全て掲載されているではないか。
ポッカコーヒーヒストリー|ポッカコーヒーオリジナル|Coffee Gate|ポッカコーポレーション

そんくらい、日記書く前に自分でも一応ググって調べておけよ、という話ではあるが、最近では、僕はよほど調べ物が必要な題材のとき以外は、ブログの記事を書くときに調べたりしないで書く。このサイトは、「宮本勇次郎のちょっとも調べないで書く日記」である。

調べて書く日記はうまくいかない

広告

広告

昔は、日記を書き書き、情報を調べ調べ、画像を貼り貼り…、というふうに記事を作成していた。しかし、このやり方だと、非常に時間を食う。特に集中力のない僕のようなタイプの場合だと、途中で情報をググって調べたり、丁度良い画像を探したりしている家に、ニュースサイトを延々と読みふけってしまったり、画像の整理を始めてしまったりして、一向に肝心の文章のほうが進まない。

それで結局、600文字程度のエントリーを書くのに2~3時間かかってしまったり、結局時間が足りなくなって未完成で放置してしまったり、色々調べたらなんか気分的に満足してしまって「世の中にこれだけ情報があるなら、俺が書かなくてもいいか」となってしまったりする。これでは非効率的だし、いかにもつまらない。(僕が)

一気に書く方法

そこで、最近では「書こう」と思った題材があったら、Evernoteを開いて、ガーッと一気に最初から最後まで書き付ける。途中に、数字や固有名詞など、どうしても調べなければいけない部分があっても、「■■■■年のことだった」など、後から分かるようにしておいて、とにかく最後まで書く。画像も<■ここで画像■>などとしておいて、後から差し込む。

こういう風にしておくと、書きたいと思ったネタを逃さず、最小限の労力でブログ更新という目的を達成することができるという方式。名付けて超集中ブログ法。
これで850文字、10分。

Evernoteは常に時間と文字数が表示されて便利

補足

「似たような仕事はまとめて処理した方が効率が良い」という仕事術のような話ですね。
構想ターンと、文章執筆ターンと、調査・修正ターンと、3つに分けて作成するという。
(構想ターンは、移動中などの場合がある。そのときはモバイル版Evernoteにササッとタイトルだけ書いたり、自分宛にメールしたりしておく)


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (4 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter