手土産のタイミング

2011年7月27日 水曜日

僕も大人になったので、どっかにお呼ばれするときは手ぶらで行くより、何か手土産を持って行った方がいいのではないか、と最近気付きました。
世の中には、意外と仕事で客先に行くときに手土産としてお菓子を持って行くみたいな風習もあるみたいなんですけど、(テレビや雑誌でそういう特集があったりもする)、僕の会社では、お中元とか手土産とか接待とか、そういう文化が一切ないので、あんまりその辺を気にすることなくぼんやり生きてきてしまった。
で、そういえば、手土産ってどうやって渡すもんだったんだっけ?

手土産のマナー

  1. 玄関口だけの訪問ならそこで渡すが、部屋に通された場合は部屋の中でちゃんと挨拶をしてから渡す
  2. 渡すときは、紙袋から出して渡す
  3. 「つまらないものですが…」の決まり文句を使うかどうかはTPOと相手次第
  4. 紙袋は基本的には持って帰る

紙袋ってそういう扱いなんだ…。知らなかった。
「つまらないものですが」は決まり文句ですが、最近では謙遜しすぎでウケが悪いようなので、「お口に合うか分かりませんが…」とか「ささやかですが」とかの方がいいかも知れない。

もてなし側

  • 基本的には「おもたせ」を優先して一緒に食べる
  • 自分で用意したのが生菓子、手土産が日持ちする、などのケースなら用意した方を出す

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (2 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 1 件

  1. schnja Says:

    こういうの大事

コメントをどうぞ

はてなブックマーク
Follow me on Twitter