災害を乗り越える人間の力

2011年9月21日 水曜日

今年の日本に一体何があったのだろうか。
東日本大震災に端を発し、原発、台風、洪水と、日本列島を休み無しに災害が襲っている。
今日も、台風15号が日本に猛威を振るっている。僕も台風のせいで帰れなくなった駅前のスタバでこのエントリーを書いている。

ロク文のOpiさんがTwitterで言ってたけど、こうも災害が続くと、どうも「災害慣れ」してしまう。人間は何にでも慣れる生き物だが、特に日本人は物心つく前から地震を体験して育つのと、自然と共生する神道的価値観のせいか、災害に対する慣れが早いような気がする。

それでも、交通機関がマヒして電車の中や駅改札などで足止めを食らい、長時間待たされたりすると、イライラが募ってくる。そんなシチュエーションで、こんな素敵な場面を見かけたというツイートがあったので、リブログ。

人間には、災害を乗り越えていく「技術」があるのと同時に、悲しみを乗り越えていく「理性」が備わっている。
それと同じくらい、楽しみや安らぎを与えてくれる「芸術」と、それを享受できる「感性」というのも大事なのだな、と思った。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (3 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter