何かを手に入れるためには、他の何かを犠牲にしなければならない

2011年9月1日 木曜日

先日、「結婚したら趣味をあきらめなければいけないのか」という議論を紹介したときに、「うまくやればこうしてちゃんと毎日更新だってできる!」と書いた。するとそれを読んだ嫁っこから(このサイトの日記は常に読まれている)、こう指摘された。

「ミヤモトさんは、色々なものを犠牲にしながら日記を書いているんだよ」

グ、グム~…。確かに言われてみれば、あれもこれもしないで一人深夜まで日記を更新したりしている日も、ない、とは、言えない、かも、しれない。ような気がする。

1日は、24時間である。総理大臣だって赤子だって、等しく24時間が与えられている。そうなると、昨日までの日常と比べて、今日、何か新しいことをしようとしたら、何か古いことを一つあきらめないといけないはずなのだ。
大事なのは、「あれを手に入れるためにこれを犠牲にしよう」と意識的に選び取ることなんだと思う。
僕の場合は、「でも全部あきらめたくない」と思ってしまうから、手の届く範囲、可能な範囲で始めたもので後の方にしわ寄せが来てしまう。
具体的に言うと、労働が残業で帰りが遅くなっても、あれもしたい、これもしたい、でも日記の更新もしたい、とやって深夜になってしまい、次の日朝がつらくて昼が眠くて、仕事が長引いて残業になる…というエンドレスループ。つまり睡眠時間を犠牲にしているわけだが、そんな生活は望んでいない。早死にもしたくない。
ちょっと何とかしないといけないよなぁ、と最近思っているのである。

手始めに日記の作成時間を切り詰めるか。日記を書いている時間が楽しいわけではなくて、記事を投稿する行為自体が楽しいんだし。
(この記事の作成時間:7分)

広告


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (3 投票, 平均値/最大値: 4.67 / 5)
Loading...

コメント / トラックバック 2 件

  1. yachang Says:

    ご苦労様です.
    初めての投稿です.
    同感です.

  2. 宮本 Says:

    >tomwalkerさん
    かなりの能力ですね。僕はちょっとオーズのことを考えていました。

    >yachangさん
    コメントありがとうございます。ご同意いただけて嬉しいです。
    せめて、意識的に取捨選択したいものですね。

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter