諸君。私は…

2001年8月10日 金曜日

「うたばん」見ました。超最高ー。ののちゃんは見目可愛い上にその愛らしい言動が面白い。僕の周りでもやっと認められ始めました。遅ぇよ。
 ところで、あの「3人祭り」の振り付けや、オリジナルダンス・パニパニの時などにののちゃんが何故かガニマタになってしまうのは、恐らく彼女がずっとバレーボール部に所属していた事が原因かと思われます。新説。(今、99式始まって以来最も鋭い事が書けたような気がします!)

===========
 書きそびれてましたが、広島に引き続き、長崎で命を落とした原爆犠牲者にも心から哀悼の意を捧げます。
 あと、飯田さん、安倍さん、お誕生日おめでとうございます。
 他にも色々書きそびれた事はあるんですが、どうも最近書きたい事が増えてきて取捨選択が難しい。
 その辺をどうしているかというと、僕の場合幾つかのネタを吟味して、鮮度が求められるような素材は優先して使い、日もちがしそうな素材はネタ帳.txtに貯蔵します。しかしそのまま賞味期限を切らして腐らせてしまう事もしばしば。でもストック多いほうが安心。ちなみに今一番古いのは2月頃に書いた長期保存ネタで、缶詰のようにしまってあります。これは非常用で、本当に書けない状況の時に使いまーす。

 例えるなら毎日自炊の独り暮し生活のような感じ。ネタ帳.txtはさしずめ冷蔵庫。
 始める前は「毎日なんて無理だ」と思ってましたが、適度に手を抜きながらでも続けてれば習慣になるからあんま辛くないもんです。
 自炊はしないけど。
(デスクトップに「ネタ帳」なんていうファイルがある時点で相当病んでおるなぁ。)
===========
 テキストサイト100の質問に答えようとして巡回サイトを数えてみたんだけど、まずブックマークを数えたら200超。多すぎる。あと「嫌いなサイト」をみんなが名指しで書くようになったら面白いなぁ。そこかしこで火の手が!テキストサイト戦国時代だ。

広告

===========
 終戦(敗戦)の日を前にして、またNHKが特番を組み始めました。その中の一企画で、「戦時下でも明るく生き抜く庶民の生活を描いたホームドラマ」があるんですが、正直うんざり。名無しさんお腹いっぱいです。暗い時代を明るく生きようとして行く家族に、戦争が暗い影を落とすってやつでしょ。お兄ちゃんが兵隊に取られちゃうんでしょ。もう解ったから。
 例えば「戦場でも明るく生き抜く兵士達の生き様」。こういうドラマだったら見てみたい。でもこの企画、良くみたら原作は井上ひさし。あ、じゃぁ駄目だ。結局彼も戦争を知らない。
 戦争は街で行なわれたんじゃない、(基本的に)戦場で行なわれたんだ。

 (それと、この企画自体の名称「戦争を知らない君たちへ」もちょっとおふざけと言うか。スタッフも知らない世代なんだから、「僕たちへ」にしとけよ。
 この「君たちへ」に象徴されるような、高みから物を言う歪んだ選民意識に基づいた発言姿勢は常に批判されてしかるべきです。が、これはNHKに限らず多くの人が知らず知らずのうちに嵌る落とし穴なので、僕も気を付けなきゃなぁと思った。NHKさんに物申したりしちゃ駄目だなぁ。)


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter