弧円落、浮身

2001年11月7日 水曜日

 なんでこんなに寒いんでしょうか。まだ11月だというのにすっかり冬です。ついこの間まで夏を満喫していたのになぁ。明日は12月並の気候らしいですよ!こんにちは。ミヤモトです。と、ここまでが時候の挨拶。

 さて。
 世の中には、"強い人"と"上手い人"と"勝てる人"がいる。そんなの全部同じじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、実はこれらは微妙にその意味が違うのである。勿論重なる場合もあるが、イコールではない。強くて上手くて勝てる人もいるし、強くて上手い人もいれば、上手くて勝てるもいる。

広告

 これは勝負ごと、例えば剣道の試合だろうがパチンコだろうが麻雀だろうが、おそらく何にでも当てはまると思うので、皆さんも自分の得意分野で考えてみてさい。

 勿論
僕は、バーチャ4を例にとってこれを考えてみるわけです。
 そのゲーセンには、上手い人がいた。その人は華麗なテクニックとシャープな動きを見せていたけど、勝ちを狙う人に負けた。強い人がいて、その人は常に手堅い連携と安定した戦い方で、着実に勝ちを重ねていた。なんだか知らないけど勝ってる人もいた。その人はレバガチャ(レバーをガチャガチャやってボタンをバシバシ叩いてる人。馬鹿にされやすい)なのに何故か勝っていた。ここではこういう「何故か勝つ人」は論考の対象外とします。

 では結局、勝ちと負けを分かつものはなんなのか?今日、僕はバーチャをやりながらそんな事を考えていたのです。
 そしたら、ふと気付けば僕は強くなくて上手くなくて勝てない人になっていました。ガクー。

 ――修行が足りん!


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter