土はドクデスの土

2002年2月16日 土曜日

 僕は労働の土。
 さて皆様いかがおすごしでしょうか。ミヤモト・ザ・ニンジャです。

==========
 ウォッチという楽しみ方があります。これは古くは「ある種おすすめ」に始まり、最近では「脳死系」に連なる、痛いサイトを見て嘲笑するという遊びです。(ここで言う痛いサイトというのは、いわゆる痛い系ではなく、見るだに痛々しいサイトを指す。)
 しかしこういった二次的な楽しみ方というのは早晩行き詰まるのではないかと僕は思います。何故なら、得るものが無い。
 娯楽に、しかもかなり社会的認知度の低い娯楽であるWEB日記というジャンルの中に得るものなどあるのか、楽しんでいるんだから放っておけという声もあるでしょう。
 しかし、もし今日1日30分しかネットが出来ないとしたら、どうしますか。それでもそのサイトを見るだろうか。これはもちろん極端な例ですが、「もしも世界が100人の村だったら」というのと同じで、我々が一生のうちでここに割く事のできる時間は限られています。

==========
 僕は、どうせ読むんだったら素で「面白い!」と思えるサイトを読みたい。(そして、願わくば書きたい。)
 ロクでも無い電波文章ばかり読んでいたら、微小なりとも必ずや悪影響があるはずです。文章の巧拙は、先天的な資質よりも後天的な経験、つまりひとえにどんな文章を読んで来たかによるからです。
 これはつまり食べ物と同じで、粗悪なものばかり摂取していると体に、脳に悪影響が出るのではないか、という事です。
 (そんな事言ったら、WEB日記なんぞ読まずに紙出版物や明治文学だけ読んでいればいいのですが、栄養が無くてもお菓子を食べたい時もある、という事で。)

==========
 考察が進めば進むほど、「この文を読むな」と言っているような雰囲気になってきてしまった。ジレンマだー。

広告

==========
 つまり、桃色片想いとミニ。ストロベリ~パイは両方とも本当に良い曲なので、みんな買おうね。という事。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter