雲をも掴む日記

2002年4月1日 月曜日

 昨日の日誌の追記。
 「開設動機」と「継続動機」はまた微妙に違うものです。それは「開設動機」と「再開動機」が少し違うのと同じように。

 しかし、「閉鎖動機」と「休止動機」はほとんど同じものと言えるでしょう。少なからぬ人が「閉鎖」の変わりに「休止」を選ぶのは、ふんぎりがつかないから。ただそれだけ。保留の選択です。

 鯛ページが閉鎖し、黄漢升が復活し、荒廃の猫が休止し、侍魂がReadmeを退きました。春です。

広告

 実は僕も本日を持って更新を停止しようと思っているのです。理由は「視力の低下」です。春です。ん?

========
 僕が15年くらい前から考えているエイプリルフールのイタズラで、「昨年の4月1日の新聞をこっそり新聞受けに入れて、困惑する家族を物陰から観察する」というのがあります。問題点は、新聞紙を1年間も保存してられない、という事です。
(たわむれに1年前の自分の日記を見てみたら、「辻SP」の放映からもう1年も経っていた事が分かった。早いものだ。)


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter