春だというのにまだ寒い

2003年3月19日 水曜日

 まぁその分、引きこもる口実が出来るぞ出来るぞー。寒いぞ宮本です。
 さてこの日誌を書いて寝て、起きたらちょうど審判の時なわけですが。
 この期に及んでフセイン亡命、戦争回避なんていうシナリオはありえなさそうだし、十中九九戦争でしょうね。
 フセインが亡命しないでいてくれて、ブッシュは本当に喜んでいる事だろう。

この戦争は…これは違うタイプの戦争なんだ。
わかるだろう、戦車が走ったり、飛行機が飛んだり、戦車が進むのを見たりして…。
この戦争は飛行機が編隊飛行するような戦争ではないんだ。

広告

 これは昨年の「テロとの新しい戦争」を総括するブッシュの発言。
 テロ戦は、大軍勢で洞窟に潜む少数の敵を襲うという極めて非効率的な作戦になったばかりか、アメリカが総力をあげても、たった一人の男を捕まえる事もできないという事実をさらけだして終わった。誤爆も多かった。上記の発言にもにじみ出ている通り、相当フラストレーションを溜め込んでいたんだろうな。
 同時にブッシュの戦争観も如実に現れている。わかるだろう? 戦車が走ったり、飛行機が飛んだり、戦車が進むのを見たり、飛行機が編隊飛行したりするような、ブッシュはそんな戦争が大好きなんだ。
 良かったね、やっとできるよ。今まで良く我慢したねブッシュ。さあ、こらしめてやりなさい。

========
 ところ変わって銃後の日本。小泉首相が国会でひさしぶりに声を張っている所を見る事ができた。当然のことながら戦費は出さないと明言もしている。
 日本政府は、勝手に先走ったり場の雰囲気で決めたりと、相変わらず色々ありますけど、ただただあたふたするだけしか出来なかった湾岸戦争の頃と比べると、格段の進歩と言えるのでは。湾岸の頃が幼稚園児だとすると、今は小学校高学年くらいにはなっているのではないでしょうか。
 アメリカからは未だに幼児並の扱いを受けてますけど。
 くっそー、悔しいなぁー。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter