マジカル美勇伝と7期オーディションの真相

2005年1月21日 金曜日

『魔女っ娘。梨華ちゃんのマジカル美勇伝』という番組があった。石川梨華を中心とする3人ユニット”美勇伝”が魔女に扮する、深夜のドタバタ5分バラエティだ。魔界から人間界に来たおてんば魔女3人組が、おしとやかになるため日本で“やまとなでしこ”を学ぶ、という阿呆で楽しい設定だった。(でもただただ毎週クイズとか絵しりとりとかで遊んでるだけだった)

 が、これが随分急激な最終回を迎えた。最終週には、辻・加護のイタズラ魔女が出てきて大暴れしていたのだが、とうとう口うるさく注意してくる梨華ちゃんを魔法で小さくして、ビンに閉じ込めてしまった。しかも、閉じ込めたまま普通に最終回を迎えてしまった。番組名、『梨華ちゃんのマジカル美勇伝』なのに!

 とくに最終回らしいアナウンスもエピソードもなく、普通にゲームをやって辻ちゃんが勝った、と思ったら、次号予告は新番組の『娘。ドキュメント』だった。これは随分パンクな番組だったなぁ、などと思っていたら、実はあれは急遽打ち切りだったことが、制作会社のブログ『燃えろ!番組制作部』で分かった。あのテレ東深夜の10分枠に“打ち切り”なんてものが存在するとは思わなかった。

マジカル美勇伝最終週に石川梨華さんが出演しなかったことに、ファンの皆さまからクレームが殺到しました・・・。

広告

番組は今年も続けるつもりで昨年最終週分の収録をしておりましたが、その後急遽打ち切りが決まってしまったため、あのような放送内容になってしまいました。(マジカル美勇伝最終週の件

 つまり、急遽打ち切って、新メンバーたる7期オーディション合格者の密着ドキュメントを作れ、というお達しがあったようなのだ。しかし事態はさらに急転直下。この『娘。ドキュメント』、始まって1週分やっただけで7期オーディション合格者無し、という結果に直面する。前述のサイトを見ると、製作現場は大混乱だったようだ。

年始は年始でモーニング娘。7期オーデがまさかの該当者無し・・・。

新メンバーのドキュメントをお見せする予定だった新番組「娘。ドキュメント2005」の立場はどうするんだーーー

ここまで追い込まれた制作番組はあったでしょうか・・・。(激動の年末年始

オーディション後にもっともらしく囁かれていた、「7期は出来レース」「現メンバーに自信を植え付けるための茶番」「最初から結果は決まっていた」という陰謀史観は根底から覆されたことになる。やっぱり、あのオッサン♂が独断で全員失格にしてしまったんだ。ロックは生きていた。

『マジカル美勇伝』の最終回は、おそらく『ゴロッキーズEXTRA』のように、DVDで発売されるのだろう。

—–


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter