ニュースの手柄はどこへ行く?

2005年2月4日 金曜日

 もうここ2年くら食玩買ってない宮本です。こんばんは。

 さて、数日に書いた『偉人たちの名言集』というエントリが、大手ニュースサイト『カトゆー家断絶』に取り上げられて、アクセス数が増えてます。

 昔はこういうときって割と喜んでた気がしますが、今は別になんとも思いません。ニュースサイトからのアクセスは定着しないからです。

 ニュースサイトの持つ数字というのはかなりのものがありますが、ほとんどの場合一過性で通り抜けていく性質の閲覧者です。なぜなら、彼らが求めているのは「情報」であって、「文章」ではないからです。そこがもう少し情報よりのブログなら「情報サイト」として認識され、新たにブックマークに加わることもあるかもしれませんが、九十九式くらいのバランスだと1回見て「ふうん、なるほどね」で終わってしまう確立が高いと思います。

 しかも、ともすればこの『名言集』というエントリが、「『カトゆー家』の情報」として扱われてしまう。大手ニュースサイトが取り上げた後は、孫ニュースサイトが取り上げるものですが

「偉人たちの名言集 (カトゆー家)」

などとリンクしてあると、「それ書いたの俺だよ」と突っ込みたくなります。時には「名言集 (九十九式経由)」とか書いてあったりして、「オイオイ経由じゃなくて発信元だよ」と苦笑してしまいます。

 情報を発掘する眼としてのニュースサイトの功績は認めなくてはなりませんが、その情報自体を作り出したサイト、1次発信者に対する敬意も、もっと払われてしかるべきなんじゃないかな、とたまに感じます。ニュースが取り上げるのはある一つの“情報”にすぎませんが、多くの場合それはその数倍のコンテンツのごく一部です。

 『偉人たちの名言集』だって、あれだけの質と量の名言サイトを集めるのに、俺がどんだけ時間をかけたと思ってるんだ……。と、ここでお気づきのことと思いますが、あのエントリからして、1次発信者は僕じゃなくて、名言集を書いた人たちなんですね。しかし、名言集を書いた人たちも、名言を自分で作り出したわけではなく、人の名言を集めているわけですから、結局は人のふんどしで相撲をとっているわけです。

広告

 つまり、手柄を横取り、とかそういう話ではなくて、畑で取れた作物がレストランに並ぶ過程のように、1次情報が色んな人の手を渡っていって、最後にニュースサイトに取り上げられて終わるわけなんですね。 要するに何が言いたいかというと、九十九式をアンテナやブックマークに登録してネ、ということです。—–


array(0) { } int(0)

この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
読み込み中...

コメント / トラックバック 3 件

  1. lsty Says:

    あー僕もそう思う。「ニュースサイトの下請け」とは思われたくない。 しかしSBMの台頭によって、そういう部分でのニュースサイトの存在感ってどんどん薄くなると思う。

  2. kanose Says:

    ちょうど一年前に書いた記事が今話題になるのは微妙な感情持ちそうだ

  3. as365n2 Says:

    ニュースサイトとは「他人の褌で相撲」のようではあるけども…

コメントをどうぞ

Delicious
Follow me on Twitter