亀田3兄弟の相手

2006年2月26日 日曜日

 亀田大毅23秒KOデビュー
 亀田3兄弟の次男が、1RKOでデビューしましたよ、と。こんな試合でした。畑山と竹原の顔がおもしろいです。
 ひょっとするとあの兄弟のことを「めちゃくちゃ強いボクシング会のホープ」と思っている人もまだいるかもしれないんですけど、ホープかどうかはともかく、強いかどうかは分かりません。なぜならまだ強い相手と戦ったことがないから。知れば知るほど疑問が沸くボクサー。それが亀田3兄弟なのです!

 さて、長男の戦績にはこんな仕組みがありました。

・亀田の6戦6勝の内訳

一戦目の相手は0勝2敗
二戦目の相手は0勝3敗
三戦目の相手は0勝4敗
四戦目の相手は0勝5敗
五戦目の相手はデビュー戦
六戦目の相手は0勝4敗
CoffeeRoom: 亀田家の一族

6戦6勝5KOという戦績だけ見れば立派だが、実はこれにはトリックがあって、これらの全ての試合はタイから連れてきたC級のロートルボクサーなのである。彼は一度たりとも強い男との試合はしていない。噛ませ犬相手に偽りの戦績を作り上げた挙句、エキセントリックな言動でマスコミに注目されているだけのペーペーなのである。
はてなダイアリー – 地球儀の螺旋 – 俺はボクシングの亀田が大嫌いだ日記

(追記:戦目の相手は普通の戦績の選手でした)

 で、今回の次男・亀田大毅の相手、サマート・シットサイトンはというと、日本ボクシング協会による、2006年度招請禁止扱いの選手でした。この招聘禁止という制度は、弱すぎるボクサーが試合に出ないようにするための試合出場禁止ルールに準拠した、外人ボクサー向けの制度。東南アジアの連敗選手が名前を連ねたブラックリストです。

 ではなぜ招聘禁止の選手が、亀田大毅の相手を務めることが出来たのか? 実はここに恐るべきトリックが隠されているのです。サマート・シットサイトン選手の招聘禁止は2006年度…。つまり3月の終わりまでは2005年度! 滑り込みセーフ。セコい…セコすぎる。

 でも、多分本人達は「俺たち最強!」と信じているんだろうなあと思います。そう考えるとやるせない。斜陽のボクシング興行や中継視聴率を盛り上げるための方策とは言え、もっと他にやりようがないものでしょうか。オンリー・ラブ。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメント / トラックバック 6 件

  1. khtno73 Says:

    亀田3兄弟はまだ強い相手と戦っていない

  2. amerio Says:

    トリックかどうかは別として、首が長過ぎるよ彼らは。格闘家としては致命的。

  3. chepooka Says:

    思い出しブクマ

  4. Quadrifogrio Says:

    斜陽のボクシング興行や中継視聴率を盛り上げるための方策

  5. capsicum39 Says:

    作られた戦績

  6. 屁コーキ Says:

    http://ameblo.jp/koukikameda/entry-11273038587.html

    タイトル「ブサイク犬」(笑い)

    お前の方が数億倍ブサイクだろ

    鏡見てから言え

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter