ハロプロ楽曲大賞2012に行ってきた

2012年12月31日 月曜日

実に7年振りに、ハロプロ楽曲大賞に投票した宮本ですこんばんは。そんな流れのまま、これまた2012年、久しぶりにハローの現場に返り咲いているTKさん(モー神通信 *レポ)と一緒に、結果発表イベントにも行ってきました。


第11回ハロプロ楽曲大賞2012

会場はいつものロフトプラスワン。 12時を回ってから行ったらもう入場番号96番(惜しい)、満員の盛況でし た。 主催者メンバーも「これまでで一番楽しかったかもしれない」と述懐されているとおり、お客さんの入りだけでなくランキング発表の盛り上がりもかなりもので、1曲ごとに会場のボルテージもどんどん上がっていき、歓声と驚きの声が混じり合い、ライブ会場さながらの熱気に包まれました。

歓声と悲鳴とヲタ芸とコールが渦巻く店内

それもそのはず、主催者発表によると、2011年の総投票人数は927人。それが今年は1864人と、倍増していたんですね。
やはり新規で増えたファンが多かったのと同時に、こうして出戻ってきたファン層も多かったのではないでしょうか。

ハロプロ、今マジで来てます。

楽曲大賞のランキングを振り返る

楽曲ランキングは50位から10曲ずつ発表しつつ、間に別部門、企画ビデオ(ハロプロ2012年プレイバック)を挟んでいく構成。

広告

50~40位はシングルのカップリング曲やアルバム曲が多く、まあ順当か、と思っていたんですが、それぞれ入れた 『ラブイノベーション』と『大好き100万点!』が40番台でランクインし、それ以降はずっと「この曲があれより上なのか…」と思い続けるTKさんと僕。
まあそれはさておき、ランキング上位は少し予想外の結果でした。

推しメン部門

僕は今回、まだ推しメンはいない、つまり自分が誰か一人を推す、というレベルにまで達していないと思っているので、この部門は棄権しました。
それでも現在、どんなメンバーの人気が高いのかは気になるものです。

その結果がこちら。

1位 嗣永桃子 Berryz工房 134票
2位 道重さゆみ モーニング娘。 106票
3位 鈴木愛理 ℃-ute 100票
4位 鞘師里保 モーニング娘。 81票
5位 夏焼雅 Berryz工房 80票
6位 佐藤優樹 モーニング娘。 72票
7位 矢島舞美 ℃-ute 70票
8位 生田衣梨奈 モーニング娘。 63票
9位 新垣里沙 ex.モーニング娘。 59票
10位 譜久村聖 モーニング娘。 54票

3位鈴木愛理、2位道重さゆみと来て、僕は単純に「あ、上位はモーニング娘。の2トップで、1位は田中れいなか」と思ったんですが、なんと(?)ももちこと嗣永桃子でした。今年のバラエティタレント的な活躍の影響なのかな?とも思ったんですが、なんとなんと4年連続で首位だというじゃないですか。知らなかった…。Berryz人気が根強いのか、桃子ヲタが高度に統率がとれているからなのか?

それにしても、石田さんは20位で、9&10期の中でも低迷しているんですね。前評判でも聞いてたんですけど何でだろう。可愛いのに。いや、そうでした。まだ推しメンはいないんでした。しかし石田さん可愛いと思うんだけどなあ…。

そしていよいよ楽曲部門。

壇上にはピロスエさん、復帰したみなとさんら

楽曲部門

1位 初恋サイダー  Buono! 1489.5pts. 633票
2位 One・Two・Three モーニング娘。 1484pts. 607票
3位 Loving you Too much Berryz工房 1264.5pts. 503票
4位 悲しきヘブン ℃-ute 1170pts. 510票
5位 プリーズ ミニスカ ポストウーマン! スマイレージ 913pts. 405票
6位 The 摩天楼ショー モーニング娘。 855.5pts. 376票
7位 恋愛ハンター モーニング娘。 777pts. 342票
8位 cha cha SING Berryz工房 759.5pts. 354票
9位 Be Alive モーニング娘。 562pts. 265票
10位 超HAPPY SONG (シングル Ver.) / 超HAPPY SONG Berryz工房×℃-ute 543pts. 297票
11位 カリーナノッテ コピンク 428pts. 163票

えっ、そうなるの!と会場に激震が走った2位発表でした。何というか、曲の「格」からいってOne・Two・Threeは圧勝なんじゃないかとTKさん同様僕も思っていたんですが、まさかの伏兵、初恋サイダーでした。
でもそういいつつ、僕も自分の票では One・Two・Threeを1位にはしていないんですよね。(僕の1位は悲しきヘブン)
思うに、こういう風に「今年はどうせ One・Two・Threeがほっといても1位になるだろうから、ここはほかの自分の好きな曲の順位を少しでも押し上げよう」と考えて入れなかった人が存外多かったんじゃないでしょうか?

いや、初恋サイダーもとってもすてきな曲なんです。実際僕も、またハロプロを聞くようになる一つのきっかけになった曲でもありますし、今回投票もしてます。
でも初恋サイダーは、「ものすごく良いふつうの曲」なんですよね。 One・Two・Threeは「良い、すごい曲」とでも言いましょうか。
1位に入れなかった僕がいうのもなんですけど、だって今年は One・Two・Threeが断トツ、曲の出来としてもパフォーマンスとしても、モーニング娘。本体の50枚目にして10万枚達成のシングル曲、といったらもうこれが1位にならなきゃおかしいじゃないですか。

つんく♂、石田さん、ごめん。僕のせいだ…,

今年一年間、これだけモーニング娘。に力を入れて、果敢に新しい試みを取り入れ、セールス的にも結果を(握手ドーピング込みでも)出し、それでベスト3の中で自分の曲が1曲しか入っていない、と知ったら、つんく♂が果たしてどれだけがっかりするか…。それを思うとなんともやりきれないというか。

あ、今大変なことに気づきました。この2曲の差はわずか5.5pt。この僅差だと、今回の僕の投票行動だけでも結果が変わってしまう
たとえば僕が初恋サイダーに「入れず」、 One・Two・Threeに4点入れていたとしたら、ひっくり返っていたのです。
何と言うことだ。これは完全に僕のせいではないか!つんく♂、ごめん。石田さん、ごめん…。

いやまぁ投票時にそんなこと知り得ないので、これは世迷い言の類ではありますが、イベント後は本当にこのように考えて、TKさん、でゅえろうさんと共に愕然としながら帰路についたのでした。

コンサートでもない、握手でもない、それでもこれだけ参加意識、当事者意識が高められるところに、このイベントのすごさと醍醐味があるのだと思います。
他にも、自分の知らない佳曲(例えば楽曲11位は、静岡TVのタイアップで研修生の子が歌ってる曲だそうです。それが11位…)だったり、グループの活動(アップアップガールズ(仮)というのが往事のメロンのようでかなり熱い現場らしい)だったりが知れて充実の6時間半でした。オールナイトで6時間って聞くと「長っ!」て思いますけど、実際にはあっという間でした。

来年もよろしくお願いします

TKさんには「コンサートに行かず、最初にこ ういうところに来るところが、さすがテキサイ人」と言われまし た。考えてみれば、確かにコンサート現場よりも、周辺状況をこ ね繰り回してるのが楽しかったり するかもしれない。でも、そんな楽しみかたも楽曲の良さがあってこそですからね! まずは11年間もうまずたゆまず、楽曲大賞を毎年開催し続けてきたピロスエさん、運営スタッフのみなさんに感謝です。投票サイトや結果発表Vの出来もすばらしいし、壇上トークも実に楽しかった。

そして何よりせっせと馬車馬のように作曲し続けたつんく♂、それをすてきなパフォーマンスで僕らの元に届けてくれたハロプロメンバーの皆さんに心からの感謝と尊敬と「胸一杯の愛を」贈ります。つんく♂さん、僕はやっぱりあなたの作るへんてこな曲が大好きだ!
来年も2012年 の勢いのまま、素敵な楽曲が沢山リリースされることを期待します。

それでは皆さん、良いお年を!


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (4 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter