ニッキモ日記

2001年5月29日 火曜日

DOダ!DOダ!DODOダDOダ!
夏祭りは100人までだそうです。知らぬ間に九十九式も巻きこまれてます。その内ちゃんと告知しようと思います。

============
 そのうち誰かが言い出すんじゃないかと思っていたけど、誰も言わないので言ってみます。

ニッキモニ。は終わった。

 もう駄目だろう、あれは。
 発足当初は、大当たり企画の予感がしたし、何か面白い展開になるのではないかとワクワクさせてくれたが、今はもう、完全に死んでいる。
 なんでだろう。

 見れば解ると思うが、すっかり「ファンサイトのリンク集」と化しているのである。
 元々、「最近
テキストサイトで、モ。ネタを扱った面白サイトが増えている」と言われていた頃に、ヒロトシ氏(WALKING IN THE RHITHM)が発足させた新時代リンク集「モーリンク娘。(仮)」がその前身だった。

 この企画は話題を呼び、WALKING~を始めとして、桃核コスモクルーズピンスパイクなど、面白いモ。テキストが集まってきた。
 やがて、仏陀ゴリライモドリフトウッドまで登場し、名前を正式に「ニッキモニ。」に改名した頃、誰もが企画大成功の予感を感じていたはずである。

 ところが今は。
>■いわゆる「ファンサイト」のリンクはお断りさせて頂きます。
と明記してあるにも関わらず、いわゆるファンサイトとしか思えないようなサイトがかなり目に付く。いちいちどことは言わないが。
 そりゃ確かに動画サイトでもキャプ画サイトでも掲示板サイトでもないけど、テキスト主体ならオールOKなのか?というとそうではないだろう。

 何故こうなったかと言えば、基準が曖昧な上に審査が無いからである。自己判断によって申請すれば、どんなサイトでも受理されてしまうのだ。
 審査、というとちょっと大袈裟な響きはあるが、適度なチェック機能は働いてしかるべきだったのではないか。
 リンク集が成功するか否かは、ひとえにそのリンクサイトのクォリティによるのである。量ではなく、質。
 例えば、Yahoo!の掲載サイトのクォリティが一定水準以上(一応)なのは、Yahoo!サーファーと呼ばれるスタッフが、申請サイトを全てチェックしているからである。久米横テキストリンク集が高い評価を得ているのも、数が膨大でありながら同時に質が保たれている点に因る。

 ニッキモニにおいては、
その任を担う事のできる人間(できる可能性のある人間)は、管理者であるヒロトシ氏だけだった。
 しかし、彼はそれを放棄してしまった。

 この状況を打破する為には、現在の登録サイトを見直す事が必要である。
 しかしながら、現行リストの中から作為的に抜き出して削除、というのは色々と難しい行為である為、ここは一反全てを白紙に戻す事を提案したい。
 そして、改めて登録受け付けを開始するのだ。
 その際、第三者による健全なチェック機能を必要とするのは言うまでもない。
 これによって、登録したはいいが放置されているサイトやファンサイト等、ニッキモニ。に不適切なサイトが弾かれ、なおかつクォリティも保った、新しい「ニッキモニ。」が実現される。

 ただ、提案はしてみたものの、ヒロトシ氏は既に多くのサイトとオフ会等によって親交を深めてしまっている。交流があれば義理人情が生まれる。
 そうなると、今更リンクをどうこう出来るかどうかといえば…難しいだろう、というのが正直な感想である。

 よって、ここに結論付ける。
 私が期待したニッキモニ。は、終わった。

=========
文責:宮本 徳次郎

=====九十九式ニュース=====

1、シニスナが更新されてる!大事件だ。3ヵ月ぶりだ。
(すると次回の更新は9月頃、か。)

2、小泉内閣メールマガジン
準備号が読めます。どれどれ…。

□ 目次
[らいおんはーと ~ 小泉総理のメッセージ]

しゅ、首相っ!?
ら、らいおん…。


この記事の評価は:

うーん…いまいち…ふつうですかなり良い素晴らしい (まだ評価されていません)
Loading...

コメントをどうぞ

コメント
Follow me on Twitter